マツコ、夜の公園にいる男女に「公園の暗がりにいるカップルは“何か”あるわよ」 – エキサイトニュース

Home » エレクトロニクスブランド » マツコ、夜の公園にいる男女に「公園の暗がりにいるカップルは“何か”あるわよ」 – エキサイトニュース
エレクトロニクスブランド, ペンタックス コメントはまだありません



マツコ・デラックスが、毎回あてもなく気ままに夜の街を徘徊し、そこで出会った人々と交流をする『夜の巷を徘徊する』(テレビ朝日系列24:15~ ※一部地域で異なる)。10月12日の放送では、銀座でカメラを購入し、上野恩賜公園を徘徊。女子高生や、男女のカップルに声をかけたり、西郷隆盛像を撮影したりする一幕が流された。

今回の企画は、以前「銀座ファイブ」で写真展を見学した際、「私写真やろっかな。無趣味卒業だ」とこぼしていたことをスタッフが覚えていたことから始まる。銀座の中古カメラ店を訪れたマツコは「中古でゴツい一眼を買っちゃうのもアリよね」と興味津々。さらに「勝手に東京ドームとかでカメラマンにまぎれるゲームどう? プロ野球中継でファールボールを避けたいだけ」と提案。しかしすぐに思い直したのか「本来の趣旨とズレているじゃない!」と自らツッコミを入れた。

店内に展示されていた「ライカ」や200万円以上するライカ用レンズ(ノルチルックス)などを見て回ったのだが、本来欲しかったのは「ペンタックス645」。昔のファッション写真は同カメラで撮影したといい、憧れを持っていたという。実際に展示されていたものを手にしたマツコは「音がいい」と絶賛したのだが、操作方法がマニュアルだったため、オートフォーカス機能が搭載されたものを入荷待ちすることに。よって、今回はインスタントカメラで上野へ向かうことになった。

公園では、ダンスの練習に勤しむ女子高生2人を発見。






コメントを残す