富士通とシトリックスがクラウド領域の協業拡大、仮想デスクトップサービスを提供 – @IT MONOist

Home » エレクトロニクスブランド » 富士通とシトリックスがクラウド領域の協業拡大、仮想デスクトップサービスを提供 – @IT MONOist
エレクトロニクスブランド, 富士通 コメントはまだありません




 富士通は2017年11月27日、シトリックス・システムズ・ジャパン(シトリックス)と、CSP契約(Citrix Service Provider Agreement)を締結したと発表した。シトリックスのサービスを自社サービスとして提供できるもので、富士通はシトリックスのデスクトップ仮想化(VDI)製品を活用したクラウド型の「FUJITSU Managed Infrastructure Service 仮想デスクトップサービス VCC(VCC)」を同日発売した。販売価格は1IDごとに月額3500円(税別。100IDでの契約時)となる。

 同サービスは、シトリックスのVDI製品「Citrix XenApp」「Citrix XenDesktop」「Citrix ShareFile」を活用し、ユーザーがオプション機能を選択・利用できる月額制のVDIサービスを富士通のクラウド環境から提供する。

 従来のVDI環境では、Microsoftの「Skype for Business」を利用する際、データ転送効率が悪く、高品質な映像や音声のやりとりは困難だった。同サービスでは、シトリックス独自の通信最適化技術「HDX RealTime Optimization Pack」により、Skype for Businessが利用しやすくなっている。

 また、VCCの基盤上でWindows 10アップデートに関わる機能拡張を吸収して、既存の業務システムをそのまま使用可能だ。Linuxベースのアプリケーションなど、Linux OSを活用した機能もVDI上で利用できる。

 オプションとして、NVIDIAのGPU仮想化技術を活用し、高性能のGPUを必要とする機能をVDI環境上で利用できる機能や、クラウドベースのオンラインストレージサービス「Citrix ShareFile」を富士通のデータセンターに構築したネットワークストレージから提供するサービスも用意する。

 両社は今後、「Citrix Cloud」と「FUJITSU Cloud Service K5」を連携させ、VCCのサービスメニューをさらに拡充する。さらに、モバイル分野のサービスにおいても協業を拡大していく。





Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.



コメントを残す