富士通フロンテックのフィスコ二期業績予想 | マネーボイス – まぐまぐニュース!

Home » エレクトロニクスブランド » 富士通フロンテックのフィスコ二期業績予想 | マネーボイス – まぐまぐニュース!
エレクトロニクスブランド, 富士通 コメントはまだありません




※この業績予想は2018年1月3日に執筆されたものです。最新の情報が反映されていない場合がありますのでご了承ください。

富士通フロンテック

3ヶ月後
予想株価
2,300円

電子機器メーカー。金融や流通向けにATM等の端末機器やシステム開発を手掛ける。RFID(自動認識技術)や手のひら静脈認証等に強み。欧米、中国、アジア等、海外ビジネス領域を拡大中。18.3期2Q累計は苦戦。

18.3通期は小幅減収、減益予想。国内営業店端末や米国流通市場向けメカコンポーネントの大口需要の一巡を見込む一方、公営競技関連ビジネスや新興国市場への新製品投入等の増加を見込む。株価は上値の重い展開続く。

会計期/実予/売上高/営業利益/経常利益/純利益/EPS/配当
18.3期連//110,000/5,600/4,800/3,400/141.76/22.00
19.3期連//115,000/6,000/5,200/3,700/154.38/24.00
※単位:百万円、円、F予:フィスコ予想

執筆日:2018/01/03
執筆者:NI






コメントを残す