ニコンイメージングジャパン カメラと写真映像のプレミアショー「CP+2018」に出展 – 産経ニュース

Home » エレクトロニクスブランド » ニコンイメージングジャパン カメラと写真映像のプレミアショー「CP+2018」に出展 – 産経ニュース
エレクトロニクスブランド, ニコン コメントはまだありません



 株式会社ニコンイメージングジャパン
株式会社ニコンイメージングジャパン(社長:五代 厚司、東京都港区)は、2018年3月1日(木)から3月4日(日)までの4日間、パシフィコ横浜(神奈川・横浜市西区)/大さん橋ホール(神奈川・横浜市中区)で開催されるカメラと写真映像のプレミアショー「CP+(シーピープラス)2018」<主催:一般社団法人 カメラ映像機器工業会(CIPA)>に出展します。

 [画像: https://prtimes.jp/i/16573/173/resize/d16573-173-490582-0.jpg ]

 ニコンイメージングジャパン出展ブースでは、「楽園」をテーマに世界中で撮影を続け、近年では伊勢神宮式年遷宮の作品を奉納、東大寺など日本の文化財の撮影も多くされている三好和義氏や、アフリカや世界中の少数民族を独自の視点で撮影し、多くの番組やメディアに出演されている話題のヨシダナギ氏など、著名な写真家による見応え・聞き応えのあるステージをお楽しみいただけます。また、最新のカメラと様々なバリエーションのNIKKORレンズを実際に手に取り撮影していただける体験コーナーなど、カメラとレンズの組み合わせから生まれる“無限に広がる映像の世界”を存分に体験・堪能していただける、多彩なコンテンツをご用意いたします。

 <コンテンツ内容>
■ステージ
ブラックステージ、イエローステージという2つのステージで構成。
ブラックステージでは写真家やニコンの開発者によるセミナーや対談を実施。感動の写真体験やD850、NIKKORレンズなどのニコン製品の魅力を登壇者の作品を交えて熱く語ります。
イエローステージでは写真家による撮影実演やモデル撮影などのワークショップなど、写真を撮る楽しさを伝えます。

 ■撮影体験
まるでスタジオのような空間に様々な被写体をご用意し、広角、標準、望遠、マイクロレンズなど人気のNIKKORレンズと最新のカメラで撮影体験できる、「ニッコールレンズスタジオ」を設けます。また、中央では本格的なモデル撮影体験ができるコーナーを設置いたします。

 ■D850×8Kタイムラプスムービー
D850ならではの高精細画像から制作した鮮鋭感あふれる8Kタイムラプスムービーを、リアルで緻密な表現が可能な高画質8Kモニターでご覧いただけます。D850と8Kモニターの性能の競演をぜひ目の前でご体感ください。

 ■展示
写真家の写真・動画をLEDの大型装置で上映する写真が撮りたくなる映像空間「Nシアター」をはじめ、D850、D7500で撮影した写真を大伸ばし展示する「D850/D7500ギャラリー」など、多彩な展示コンテンツをご用意いたします。

 ■双眼鏡体験
先進の光学技術によりもたらされる明るい視界とシャープな見え味が特長のニコン双眼鏡。豊富なラインアップを取り揃え、実際に手に取りお試しいただけます。

 <「CP+2018」開催概要>
開催日程:2018年3月1日(木)~3月4日(日)10:00~18:00(最終日のみ17:00)
※3月1日(木)10:00~12:00はプレスタイム (特別招待者、プレス関係者、プレスタイム招待券持参者のみ)
会場:パシフィコ横浜(展示ホール、アネックスホール、会議センター)/大さん橋ホール
入場料:1,500円(税込)(ウェブ事前登録無料)

 出展ブースの詳細については以下のURLにて随時更新しています。
http://www.nikon-image.com/event/cpplus2018/

 ■リリース全文は以下URLよりダウンロードください。
https://prtimes.jp/a/?f=d16573-20180215-3225.pdf






コメントを残す