ザ・デストロイヤー “白覆面の魔王”はニッポンのセレブリティー――フミ斎藤のプロレス講座別冊レジェンド100<第18話> – ニコニコニュース

Home » エレクトロニクスブランド » ザ・デストロイヤー “白覆面の魔王”はニッポンのセレブリティー――フミ斎藤のプロレス講座別冊レジェンド100<第18話> – ニコニコニュース
エレクトロニクスブランド, バッファロー コメントはまだありません



 日本でセレブリティーになったいちばん最初のガイジン・レスラーである。

 ニックネームは“白覆面の魔王”。トレードマークは足4の字固め。力道山の宿命のライバルとしてモノクロのテレビに登場し、ジャイアント馬場の友人として全日本プロレス所属選手となり、マスクをかぶったまま日本のリングで現役生活を終えた。

 正式なリングネームはジ・インテリジェント・センセーショナル・デストロイヤーThe Intelligent Sensational Destroyerだったが、日本ではシンプルにザ・デストロイヤーというカタカナ表記が定着した。

 シラキュース大学在学中はフットボール、レスリング、ベースボールで活躍し、フットボールではイースタン選手権に優勝し、オレンジ・ボウルに出場(1952年)。

 レスリングではAAU全米選手権3位(1952年)、2位(1953年)の成績を収め、ベースボールではピッチャーとしてマイナーリーグにも在籍したスポーツ万能選手だった。

 シラキュース大卒業後は同大学院で教育学の修士学位を取得。元世界チャンピオンのエド・ダン・ジョージEd Don George、ディック・ハットンDick Huttonらのコーチを受け、1954年10月にプロレスラーとしてデビューするが、1960年まで7シーズンはシラキュース大フットボール部のコーチをつとめていたため、プロレスはあくまでもオフ・シーズン副業だった。

 素顔の正統派レスラー、ディック・バイヤーはハワイで“銀髪鬼”フレッド・ブラッシーと運命的な出逢いを果たす。

 WWA世界ヘビー級王者としてハワイをツアーしたブラッシーは、ホノルルでバイヤーを相手に王座防衛戦をおこなった(1962年1月24日=HICアリーナ)。

 ロサンゼルスに帰ったブラッシーは、ボスのジュールス・ストロンボーに「最高のベビーフェースを発見した。カネになる。ディック・バイヤーというやつを呼んでくれ」と報告した。

 それから3カ月後、ブラッシーがまたハワイに遠征すると、こんどはバイヤーはヒールになっていた。

 ブラッシーはまたストロンボーに「バイヤーってやつは最高のヒールだ。カネになる。呼んでくれ」と直談判した。

 スーツ姿のバイヤーがロサンゼルスのストロンボーのオフィスに現れたのは1962年5月のことだった。

 バイヤーはカリフォルニア州アスレチック・コミッションが発行するスポーツ・ライセンスを持っていなかった(とされる)。

 ストロンボーは、バイヤーの顔をながめながら「マスクをかぶってもらえないか」と切り出したが、バイヤーは「ライセンスもまだないし、マスクなんか持ってない」と答えたという。

 “白覆面の魔王”デストロイヤー誕生のプロセスにはふたつの説がある。ひとつは、バイヤーがスポーツ・ライセンスを取得していなかったため正体を隠して試合をする必要があったというもの。

 もうひとつは、素顔のバイヤーが背が低く、若ハゲで、前歯が一本折れていたため、ストロンボーがマスクマン転向をアドバイスしたというものだ。

 ストロンボーは「ライセンスが来るまで2、3週間、マスクをかぶっていてくれ」と結論を急いだ。バイヤーは婦人用下着のガードルを改良して伸縮のいい手作りのマスクをこしらえた。

 デストロイヤーに変身したバイヤーはそれから2カ月後、サンディエゴでブラッシーを倒してWWA世界ヘビー級王者となった(1962年7月27日)。デストロイヤーはそれから約30年間、マスクをかぶってリングに上がりつづけることになる。

 “覆面の世界チャンピオン”となったデストロイヤーは、WWA世界王者として日本にやって来た。

 力道山対デストロイヤーのタイトルマッチをオンエアした『プロレス中継』(日本テレビ系)は64パーセントの視聴率を記録(1963年=昭和38年5月24日=東京体育館)。

 この“64パーセント”という驚異的な数字は、テレビ番組の視聴率を調査した「全局高世帯視聴率番組50」の第3位に現在でもランクされている。

 また、1965年(昭和40年)2月26日放映分のデストロイヤー対豊登のWWA世界戦も51.2パーセントの高視聴率を記録。この数字も同視聴率調査の第34位にランクされている。

 プロレス中継番組(民放地上派)で「全局高視聴率番組50」に登場しているのはこの2回放映分だけで、それだけでもデストロイヤーの一般的知名度の高さ、テレビ的な人気の高さを知ることができる。

 デストロイヤーは初来日から7カ月後の1963年12月に再来日し、こんどは力道山が保持するインターナショナル王座に挑戦した。

 この試合は1-1のタイスコアのあと、デストロイヤーの足4の字固めがかかったまま場外カウントアウトのドローに終わった(同12月4日=大阪府立体育会館)。

 それから4日後、力道山は赤坂のナイトクラブで暴漢に腹部を刺され、1週間後(同12月15日)に入院先の病院で帰らぬ人となる。デストロイヤーは、力道山と最後に闘ったレスラーとなったのだった。

 1960年代後半、デストロイヤーはもうひとつのアイデンティティーとなる黒いマスクと黒のロングタイツのドクターXに変身し、ミネアポリスに転戦する。

 北部AWAのリングには大ボスのバーン・ガニアをはじめ、ディック・ザ・ブルーザー、クラッシャー・リソワスキー、ビル・ワットBill Watts、ウィルバー・スナイダー、ボボ・ブラジル、エドワード・カーペンティアといったそうそうたるメンバーが顔をそろえていた。

 黒マスクのドクターXに変身したデストロイヤーは、V・ガニアを下しAWA世界ヘビー級王者にもなった(1968年8月17日=ミネソタ州ブルミントン)。

 ドクターXとしての来日を望む声もあったが、このプランは実現しなかった。デストロイヤーは日本では“白覆面の魔王”であることにこだわった。

 デストロイヤーがデストロイヤーとしてのキャラクターを封印したのは、AWAをサーキットした3年間だけだった。

 デストロイヤーと日本は、不思議な運命の糸で結ばれていた。

 40代になった“白覆面の魔王”は発足まもない全日本プロレスのリングで「この試合に負けたら全日本の一員になる」という条件で馬場とシングルマッチをおこない、敗れ、約束どおり全日本プロレス所属となった(1972年=昭和47年12月19日、新潟)。

 1970年代前半の全日本プロレスの主力メンバーは馬場、ジャンボ鶴田、デストロイヤー、“オランダの柔道王”アントン・ヘーシンクAnton Geesinkの4人だった。

 アメリカ人レスラーとしては初めて日本の団体所属選手となったデストロイヤーはそれから約7年間、東京に在住することになる。それはデストロイヤー自身の決断であり、家族の選択だった。

 “ヘンなガイジン”デストロイヤーはテレビ・タレントとしてバラエティー番組『金曜10時!噂のチャンネル!!』(日テレ系)にレギュラー出演し、和田アキコ、せんだみつおら人気タレントとコントを演じてお茶の間の人気者になった。

 多感な10代を日本で過ごした長女モナ・クリス、長男カート、次男リチャードは日本語がペラペラなアメリカ人になった。

 1970年代のデストロイヤーはアブドーラ・ザ・ブッチャー、ミル・マスカラスらと因縁ドラマのロングランを演じ、“覆面十番勝負”では世界じゅう(?)からやって来たありとあらゆる新キャラクターのマスクマンと闘った。

 “日本組”としての最後の試合は、やっぱり馬場とのシングルマッチだった。

 友人であり、ライバルであり、おたがいによき理解者であったデストロイヤーと馬場は、もういちどだけ闘い、こんどはデストロイヤーがバックドロップで馬場からフォールを奪った(1979年=昭和54年6月14日、東京・後楽園ホール)。

 アメリカに帰ったデストロイヤーは、ホームタウンのニューヨーク州アクロンで少年向けアマチュア・レスリングのコーチになった。

 もともと学校の先生だから、教えることは無条件の喜びなのだという。50代のデストロイヤーは、毎年夏になるとバケーションのような感じで1シリーズだけ全日本プロレスのリングに帰ってくるようになった。

 マスクマンはトシをとらない生きものだけれど、やっぱりどこかで区切りをつけたかったのだろう。

 デストロイヤーは日本での引退セレモニーを望んだ。デストロイヤーのとなりには馬場とプロレスラーとしてデビューしたばかりの息子カートが立っていた。

 62歳になったデストロイヤーは6人タッグマッチでひと汗かいて、日本のファンに笑顔で別れを告げた(1993年=平成5年年7月28日、東京・日本武道館)。

 デストロイヤーは毎年8月、東京・港区の“麻布十番祭り”に必ずやって来るようになった。デストロイヤーの露店にはミニチュアの白覆面、Tシャツや人形などのデストロイヤー・グッズが並んでいる。

 デストロイヤーはいつも流暢な日本語で、お客さんひとりひとりと楽しそうにおしゃべりをしてくれた。

 2017年、日本とアメリカのスポーツ文化交流、その発展・振興に寄与した功績を認められ、プロレスラーとしては初めて旭日双光章(叙勲)を受賞。

 往年の“白覆面の魔王”としてマスクをかぶってセレモニーに登場した87歳のデストロイヤーの姿が、時空を超えて、21世紀のテレビとインターネットの動画画面に映し出された。

●PROFILE:ザ・デストロイヤーThe Destroyer
1930年7月11日、ニューヨーク州バッファロー出身。本名ディック・バイヤー(日本でのカタカナ表記は一般的にベイヤー)。1954年、素顔でデビュー。1962年、ロサンゼルスでマスクマンに変身。WWA世界王座通算3回保持。ノースアメリカン王座(ハワイ)、インターナショナル王座(モントリオール)も獲得。USヘビー級王座“永久保持”。

※文中敬称略
※この連載は月~金で毎日更新されます

文/斎藤文彦




連載コラム『フミ斎藤のプロレス講座別冊レジェンド100』第18話は「ザ・デストロイヤー “白覆面の魔王”はニッポンのセレブリティー」の巻(イラストレーション=梶山Kazzy義博)



コメントを残す