富士フイルム、Xマウント初対応のシネマレンズ「MKX18-55mmT2.9」「MKX50-135mmT2.9」 – 価格.com

Home » エレクトロニクスブランド » 富士フイルム、Xマウント初対応のシネマレンズ「MKX18-55mmT2.9」「MKX50-135mmT2.9」 – 価格.com
エレクトロニクスブランド, 富士フイルム コメントはまだありません




富士フイルム、Xマウント初対応のシネマレンズ「MKX18-55mmT2.9」「MKX50-135mmT2.9」

2018年2月15日 16:05掲載


フジノンレンズ MKX18-55mmT2.9 フジノンレンズ MKX50-135mmT2.9

富士フイルムは、シネマレンズの新製品として、「Xマウント」に対応した「フジノンレンズ MKX18-55mmT2.9」と「フジノンレンズ MKX50-135mmT2.9」を発表。6月より発売する。

シネマレンズとして、ミラーレス一眼カメラ「Xシリーズ」で採用している「Xマウント」に初めて対応したモデル。約1kgの軽量ながら、映画制作などで使用されている高い描写力を実現したのが特徴だ。

また、「Xシリーズ」の特徴である多彩な色調を可能とする「フィルムシミュレーション」などとの組み合わせで、高品位な映像を撮影することが可能。小型軽量ボディに、ズームやフォーカスなどのフルマニュアル機構を採用したことで、高い機動力と快適な操作性を実現しており、プロの映像制作ニーズに応えられるという。

画質面では、焦点距離全域でT2.9の明るさを実現し、浅い被写界深度でボケ味を生かした映像の撮影が可能。焦点距離27-84mmの標準ズームレンズ「MKX18-55mm」と、焦点距離76-206mmの望遠ズームレンズ「MKX50-135mm」をラインアップし、常用焦点距離全域をカバーする。

さらに、レンズの光学・機械設計を動画撮影に最適化することで、ズーミング時の焦点移動や光軸ずれ、フォーカシング時の画角変動(ブリージング)も抑制。フォーカス、ズーム、アイリス(絞り)を独立してマニュアル操作できる3連リングを搭載し、すべての操作リングのギアピッチを統一するなど、快適な操作性を実現している。

「フジノンレンズ MKX18-55mmT2.9」の主な仕様は、焦点距離が27-84mm相当(35mm判換算)、画角が76.5度〜29.0度、T-No.がT2.9、最大口径比(開放絞り)がF2.8、レンズ構成が17群22枚(EDレンズ2枚、スーパーEDレンズ6枚)。本体サイズは87(最大径)×206.6(長さ)mm。重量は1080g。

「フジノンレンズ MKX50-135mmT2.9」の主な仕様は、焦点距離が76-206mm相当(35mm判換算)、画角が31.7度〜12.0度、T-No.がT2.9、最大口径比(開放絞り)がF2.8、レンズ構成が17群22枚(EDレンズ2枚、スーパーEDレンズ2枚)。本体サイズは87(最大径)×206.6(長さ)mm。重量は1080g。

価格は、「フジノンレンズ MKX18-55mmT2.9」が549,500円、「フジノンレンズ MKX50-135mmT2.9」が599,500円(いずれも税別)。

■関連リンク

【新製品ニュース】富士フイルム、ボディ内手ブレ補正搭載のミラーレス「FUJIFILM X-H1」

価格comで最新価格・クチコミをチェック!




関連コンテンツ

レンズ関連最新ニュースリンク

このニュースの関連リンク

メーカーサイト





コメントを残す