【買い】富士フイルムホールディングス(4901)3Q決算は好調、割安感ある今が買いどきか= フェアトレード 西村剛 – minkabu PRESS

Home » エレクトロニクスブランド » 【買い】富士フイルムホールディングス(4901)3Q決算は好調、割安感ある今が買いどきか= フェアトレード 西村剛 – minkabu PRESS
エレクトロニクスブランド, 富士フイルム コメントはまだありません



■注目銘柄:【買い】富士フイルムホールディングス(4901)

液晶フィルム、医療機器、医薬など。

■注目理由
平成29年3月期第3四半期(1月31日発表)の業績は、売上高+6.9%、最終利益は+58.1%で増収増益に着地、通期の同利益も+6.5%増益の見通しであり好調だ。
2月以降株価は軟調な展開が続いているが、14日終値時点でPER13.22倍、PBR0.85倍と割安であることから買い支えが入りやすくなっており、今後は上昇に向かうと思われる。
これからの投資を考える上で、同社に注目してみてはいかがだろうか。

関連ニュース

679b8956a

西村剛 (にしむらつよし)

フェアトレード株式会社 代表取締役






コメントを残す