2眼カメラ、高コスパが魅力のSIMフリースマホ HUAWEI P10 / Plus / liteが本日発売 – Engadget 日本版

Home » エレクトロニクスブランド » 2眼カメラ、高コスパが魅力のSIMフリースマホ HUAWEI P10 / Plus / liteが本日発売 – Engadget 日本版
エレクトロニクスブランド, ライカ コメントはまだありません



ファーウェイは、SIMフリースマートフォンの新モデル HUAWEI P10 / P10 Plus / P10 liteを本日(6月9日)発売しました。ライカダブルレンズを搭載して好評を博したHUAWEI P9シリーズの後継モデルです。


HUAWEI P10の主な仕様は、5.1インチ 1920 x 1080 ディスプレイ、Kirin 960プロセッサ(Cortex A73 @2.4GHz x4 + A53 @1.8GHz x4)、4GB RAM、64GBストレージ。バッテリーは3200mAh。OS はAndroid 7.0 / EMUI 5.1となっています。

大画面モデルとなるHUAWEI P10 Plusは、5.5インチ2560 x 1440ディスプレイを搭載。厚さ6.98mmはP10と共通ですが、縦横は153.5 x 74.2mmと相応に大きく、重さも20g重い約165gです。

この2機種は、従来モデルのHUAWEI P9と同様にライカ2眼レンズを搭載。2つのカメラレンズを使うことにより、一眼レフのようなボケ感のある写真を撮影可能です。さらに新機能が「ポートレートモード」。これは顔の形状を2眼カメラで立体的に測位して、美顔効果や陰影を後付けするもの。まるでフォトスタジオで撮影した風の写真が撮影可能になるとうたいます。

価格はHUAWEI P10が6万5800円、HUAWEI P10 Plusが7万2800円(いずれも税別)

売れ筋は高コスパなHUAWEI P10 lite

HUAWEI P10 liteは2万9800円(税別)という普及帯モデル。その価格故にファーウェイのP10シリーズでは一番の売れ筋となることが予想されます。


最大の特徴はなんといってもコストパフォーマンスの高さ。5.2インチのフルHD液晶にオクタコアCPUを搭載。デザイン面でも、側面はアルミフレームを採用し、背面はガラスを採用することで、フラグシップ機と遜色ないデザインを実現しています。

メインカメラは1200万画素。AFは像面位相差方式とコントラスト方式を組み合わせています。撮影モードも充実しており、美顔補正を適用した自撮りを撮影できる「パーフェクトセルフィ」。食事の撮影に特化した「フードモード」、マニュアル撮影を可能にする「プロカメラモード」など、シーン毎に選べる撮影モードを豊富に搭載しています。

インカメラは800万画素。さらに新機能として、背景をボカした自撮りを撮影できる「ポートレートモード」を搭載。10段階の美顔補正などビューティーモードも充実しています。

3製品の取扱店舗、MVNOは下記の通りです。



製品の詳細はこちらの記事もご覧ください
進化点は? ファーウェイ新スマホ P10 / Plus / liteを徹底解説 :週刊モバイル通信 石野純也






コメントを残す