【市況】日経平均は163円高でスタート、東芝やTDKが堅調/後場の寄り付き概況 – 株探ニュース

Home » エレクトロニクスブランド » 【市況】日経平均は163円高でスタート、東芝やTDKが堅調/後場の寄り付き概況 – 株探ニュース
エレクトロニクスブランド, TDK コメントはまだありません



市場ニュース

戻る

2017年06月09日13時03分

【市況】日経平均は163円高でスタート、東芝やTDKが堅調/後場の寄り付き概況

日経平均 <1分足> 「株探」多機能チャートより

日経平均 : 20072.61 (+163.35)
TOPIX  : 1595.23 (+4.82)

[後場寄り付き概況]

 日経平均は前引け値からやや上げ幅を縮小してスタート。ランチタイムの225先物は20010-20050円辺りでのもち合い。昼のバスケットは、差し引き30億円の売り越しとの観測、円相場は1ドル110円20銭台で推移している。週末要因から大引けにかけてポジション調整が意識されるが、来週のFOMCでの利上げが確実視されるなか、円安進行などを背景に日経平均は2万円処で底堅く推移している。

 セクターでは、銀行業、情報通信業、その他製品、鉄鋼、非鉄金属、水産農林、鉄鋼が軟調。売買代金上位では、みずほ証券による投資評価引き上げを受けたソフトバンクG<9984>のほか、三菱UFJ<8306>や三井住友<8316>などメガバンク、東芝<6502>、任天堂<7974>、ファーストリテ<9983>、TDK<6762>が堅調。一方で、会計問題への警戒感が一段と強まる形となった富士フィルム<4901>のほか、花王<4452>、パナソニック<6752>はさえない。
《HT》

 提供:フィスコ

【関連記事・情報】






コメントを残す