“TRIO“復活、ケンウッド70周年でロゴ入りの特別仕様トランシーバー – AV … – AV Watch

Home » エレクトロニクスブランド » JVCケンウッド » “TRIO“復活、ケンウッド70周年でロゴ入りの特別仕様トランシーバー – AV … – AV Watch
JVCケンウッド, エレクトロニクスブランド コメントはまだありません



 JVCケンウッドは、ケンウッド設立70周年記念モデルとして、「TRIO」ロゴを冠した特別仕様のHF/50MHzトランシーバー「TS-590SG70」を9月中旬に70台限定で発売する。要予約製品で、予約期間は7月24日~9月6日まで。ケンウッドの無線機商品取扱い販売店で受け付ける。予約多数の場合は抽選となる。価格は24万円。アマチュア無線の2アマ免許以上が必要。

「TRIO」ロゴを冠した特別仕様のHF/50MHzトランシーバー「TS-590SG70」

 旧ケンウッドは、ラジオの修理、組み立て販売からスタートしており、前身である旧有限会社春日無線電機商会の創業から、2016年12月21日で設立70周年を迎えた。KENWOODブランドの前身はTRIOブランドで、オーディオ製品や無線機などに使われてきた。

 アマチュア無線商品では、1966年にHFオールバンド SSB トランシーバーとして発売した「TS-500」をファーストモデルとする“500番台シリーズ”が人気に。無線機の基本性能である送受信機能の向上を図り、コンパクトさ、使いやすさも充実。ブラッシュアップを重ねてきた「TRIO」ブランドのアマチュア無線分野の代表的な製品となった。

 ケンウッド設立70周年を記念し、TRIO時代からのユーザーへの感謝を込め、TRIOロゴを配した特別仕様の限定モデル「TS-590SG70」が発売される事になった。

 2014年11月から発売している現行モデル「TS-590SG」をベースに、「TRIO」ロゴをフロントパネルバッジに採用。フロントパネルを高級感ある「エレガント クリスタル ブラック」仕上げとしたほか、限定シリアルナンバーも付与。購入者全員に、ケンウッド設立70周年記念特製コールサインプレートも進呈する。

 高い受信性能と優れた近接ダイナミックレンジ特性が特徴。IF段からのデジタル信号処理による高度なAGC制御が可能。モールス符号デコーダを搭載し、セグメント表示部にモールス符号をスクロール表示できる。DRVコネクタをアンテナ出力機能に切り替えが可能。最高級機「TS-990」で採用している、クイックな設定が可能なスプリット設定機能も装備する。

 なお、JVCケンウッドでは今年の3月にビクターブランドの復活も日本市場向けにアナウンス。5月に、新生ビクターブランドの第1弾製品として、ヘッドフォンリスニングでもスピーカーで聴いているような“頭外定位”を実現するため、ユーザーにマッチさせるための個別測定作業をビクタースタジオで行ない、その効果を忠実に再現できるヘッドフォン「HA-WM90」、ポータブルアンプなどもセットにした「WiZMUSIC90」(ウィズミュージック)などを発売している。






コメントを残す