東芝が考えるHDDとSSDの“住みわけ”、新型高性能HDDの狙いとは – ITmedia

Home » エレクトロニクスブランド » 東芝が考えるHDDとSSDの“住みわけ”、新型高性能HDDの狙いとは – ITmedia
エレクトロニクスブランド, 東芝 TOSHIBA コメントはまだありません



2017年07月18日 05時00分 UPDATE

特集/連載

テープはまだ役割を終えていない。1万5000rpmのエンタープライズ向けHDDも同様だ。少なくとも、今のところは。

[Carol Sliwa,TechTarget]



AL14SX Series《クリックで拡大》

 東芝は最近、ミッションクリティカルサーバおよびストレージシステム向けに1万5000rpmの新型HDD製品「AL14SX Series」の出荷を開始した。だが今、パフォーマンスの高いエンタープライズクラスのストレージドライブ市場では、高速なソリッドステートドライブ(SSD)が勢いづいている。

 Toshiba America Electronic Componentsのディスクドライブ製品マーケティングディレクターを務めるスコット・ライト氏は、1万5000rpmのHDD製品セグメントは、「攻撃を受けている」と認める。だが同氏は、高密度のトリプルレベルセル(TLC)方式の3D NAND技術への移行が、こうしたドライブのビジネスチャンスを生み出しているとも語る。

併せて読みたいお薦め記事

HDD vs. SSD

インタフェース最新技術



この記事が気に入ったらTechTargetジャパンに「いいね!」しよう

この記事を読んだ人にお薦めのホワイトペーパー

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事



コメントを残す