Intelのウェアラブル開発チームが撤退。ARに注力へ – エキサイトニュース

Home » エレクトロニクスブランド » エイスース ASUS » Intelのウェアラブル開発チームが撤退。ARに注力へ – エキサイトニュース
エイスース ASUS, エレクトロニクスブランド コメントはまだありません



Image: Tag Heuer

タグ・ホイヤーとのスマートウォッチも発売されたばかりなのに。

ウェアラブルの流行はもう過去のもの、今の流行はARです。「Intel(インテル)は2週間前にウェアラブル部門を完全に閉鎖し、この部門を担当していたNew Technologies Groupは現在ARに注力している」とCNBCが報じています。

これまで誰もが投資しようとしていたVRやウェアラブルに代わって、今注目を集めているのはAR。Google(グーグル)もProject Tangoに力を入れており、Asus(エイスース)と共に新たなAR機能搭載スマホ「Asus Zenfone AR」も6月に発売されました。Apple(アップル)も今年6月のWWDCではARに本気なところを見せてくれました。

ただ、IntelはARテクノロジーには初期から注力しており、2014年には空間認識が可能なRealSense 3Dカメラなどもやっていました。なので、New Technologies Groupが新たにARに専念すると言うよりも、会社が昔やっていたことに立ち返ると言えるでしょう。

もっと重大なニュースは、Intelが(今や急速にテクノロジーのゴーストタウンとなりつつある)「ウェアラブル分野から去る」ということです。

このことは、昨年11月から予期されていました。TechCrunchによれば、その頃Intelはウェアラブルチームの大半をレイオフしていたのです。しかし、当時Intelは「ウェアラブル事業から去るわけではありません。実のところ、現在取りかかっているプロダクトも複数あり、それらには我々はとても期待しているのです」とTechCrunchへの声明で語っています。






コメントを残す