日比谷花壇、オフィスを「庭」のように改修 – リフォーム産業新聞

Home » エレクトロニクスブランド » JVCケンウッド » 日比谷花壇、オフィスを「庭」のように改修 – リフォーム産業新聞
JVCケンウッド, エレクトロニクスブランド コメントはまだありません



日比谷花壇、オフィスを「庭」のように改修

このエントリーをはてなブックマークに追加


LINEで送る

植物で癒やしの事務所「グリーンリノベ」のすすめ

 自然豊かな場で働こう。日比谷花壇(東京都港区)はオフィス内を緑化するというリフォームサービス、「niwa office 二ワークスタイル」を提供している。企業オフィス内に積極的に植物を取り入れ、従来のオフィスとは全く異なる新しい働く場を提案する。

日比谷花壇の「二ワークスタイル」オフィスのエントランス。まるで森の中日比谷花壇の「二ワークスタイル」オフィスのエントランス。まるで森の中

日比谷花壇 通路の壁面も緑化通路の壁面も緑化

開放と集中

 「まるで公園で仕事をしているような、自然を体感できるオフィスを作っていきたい」。同社で空間演出を手掛ける芹田博幸氏。

 実際にその自然豊かなオフィスは本社三階にある。「COTO no BAPROJECT」という名称で3つの特徴的なスペースを用意。

 例えば「開放の場」は植物で空間を仕切るという「sudare(すだれ)」を設置。また、「集中の場」には座して植物を眺められるスペース「tsukimi(つきみ)」を作った。また、壁や床、テーブルの上など、所々に植物をレイアウトしており、自然豊かなオフィス空間となっている。ここは実際に同社の打ち合わせスペースとしても使われている。

日比谷花壇 植物で「すだれ」を作った植物で「すだれ」を作った

日比谷花壇 打ち合わせなどを行うスペース打ち合わせなどを行うスペース。テーブルの上などあらゆる場所に植物をレイアウト

 さらに音にもこだわる。JVCケンウッド・ビクターエンタテインメント(東京都渋谷区)が開発するハイレゾ音響サービス「KooNe(クーネ)」を導入。これは実際の森の中の高周波を収録したもので、オフィス環境を森の中のような自然界に近づける。

 「テーマは開放と集中。開放は意見が活発に出て交流も深まる。ただ、一方でオフィスは開放的すぎても業務に差し支えがあるので、集中力を高めたり、リフレッシュスペースも必要。さらにレイアウト変更にも対応できるフレキシブルさも大事」(芹田氏)

日比谷花壇 様々な植物がある中、中央にローテーブルを配置様々な植物がある中、中央にローテーブルを配置

「三景師」が演出

 オフィスの緑化は「三景師」という3人のチームが連携して行う。一人は「装景師」という空間演出を行う専門家で、芹田氏が担う。ガーデンデザイナーとして国内外で活躍する矢野TEA氏は「座景師」として、グリーンを軸にしたイベント企画やコミュニティ作りをプロデュースする。さらに植物生産・流通分野で活躍する四代目・又右衛門氏は「緑景師」として残留農薬のない植物のプロデュースなどを行う。

日比谷花壇 四代目・又右衛門氏(左)矢野TEA氏(中)日比谷花壇の芹田博幸氏(右)四代目・又右衛門氏は三景師の「緑景師」。安全な植物の開発などのプロ(左)
矢野TEA氏は「座景師」。ガーデンデザイナーであり、コミュニティ作りなども積極的に手掛ける(中)
日比谷花壇の芹田博幸氏は「装景師」として空間をデザインする(右)

 日比谷花壇では植物と健康の可能性について検証しており、疲労回復機能などがあると指摘。「部屋の庭化によって、リラックスでき、集中力も高まる。三景師でいい提案をどんどん出していきたい」(芹田氏)

日比谷花壇 植物があることでリラックス効果が得られて、働きやすい場になると提案植物があることでリラックス効果が得られて、働きやすい場になると提案






コメントを残す