更地になったシャープ旧本社に何を思う (1/3) – ITmedia

Home » エレクトロニクスブランド » 更地になったシャープ旧本社に何を思う (1/3) – ITmedia
エレクトロニクスブランド, シャープ SHARP コメントはまだありません





 大阪市阿倍野区のシャープ旧本社が、更地の状態となっている。

 旧本社前を走る南港通にかかる歩道橋の上から、その様子を見ることができる。当初の計画では、8月31日までには解体工事が完了する予定であったが、工事は前倒しで進んでいるようだ。

更地になった大阪市阿倍野区のシャープ旧本社跡地
更地になった大阪市阿倍野区のシャープ旧本社跡地

 シャープの旧本社は、鴻海(ホンハイ)精密工業傘下に入る以前の旧経営体制下で、構造改革の一環として2016年3月、家具販売大手のニトリホールディングスに売却していた。このとき、旧本社の向かいにある田辺ビルもNTT都市開発に売却していた。

 だが、鴻海傘下に入ってから、シャープ社長に就任した戴正呉氏(鴻海グループ副総裁)が、「あの場所は、シャープの歴史がある場所。できれば買い戻したい」と発言。シャープは、ニトリおよびNTT都市開発と、両ビルの買い戻しの交渉を開始。NTT都市開発からは田辺ビルの買い戻しに成功したものの、ニトリからの旧本社ビルの買い戻しには失敗。ニトリは17年3月27日から解体工事を開始していた。

かつてのシャープ本社
かつてのシャープ本社


解体作業が始まると仮囲いによって中の様子は見えなくなった
解体作業が始まると仮囲いによって中の様子は見えなくなった

 4月15日夜には「SHARP」の袖看板が静かに撤去されたが、一方で、シャープ旧本社にとって象徴的な存在であった西田辺駅東交差点角の「SHARP」の大きな看板は、白い仮囲いで遮られ、誰の目にも触れることなく撤去された。ビルはその後も解体作業が続き、ゴールデンウイーク前には内装の撤去が終了。5月20日以降、10トンダンプを1日最大50台使用して、コンクリートガラの搬出作業を行い、現在の更地の状況になったというわけだ。

 シャープ旧本社の入口には、同社の経営信条である「誠意と創意」の碑が置かれ、自動ドアを抜けるとそこには、創業者である早川徳次氏の銅像が置かれていたのを思い出す。建物は、増築を重ねたせいか複雑な構造になっており、建物の中央部は吹き抜け構造であり、それを囲むように建物が作られていた。そして、2階の役員フロアは、重厚な雰囲気を醸し出していたのが印象的だった。

「誠意と創意」の碑
「誠意と創意」の碑

 更地の様子を見た本社勤務経験があるシャープ社員からは、「何も無くなった光景は、とにかく寂しい」といった声が聞かれた。




Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.



新着記事

news011.jpg

赤坂8丁目発 スポーツ246:
news012.jpg

常見陽平のサラリーマン研究所:
news112.jpg

18年度は回復見込み:
news106.jpg

通年実施目指す:
news100.jpg

文化的な対立改めて鮮明に:



コメントを残す