これは時代に囚われない良さか。「Xperia XZ1」実機ミニレビュー – Engadget 日本版

Home » エレクトロニクスブランド » これは時代に囚われない良さか。「Xperia XZ1」実機ミニレビュー – Engadget 日本版
エレクトロニクスブランド, ソニー SONY コメントはまだありません



ソニーが8月31日にグローバルで発表した新型スマートフォン「Xperia XZ1」。同機種に短時間ながらも触る機会を得ました。

発表時の写真を見た限りでは、「Xperia XZsと代わり映えしないなぁ」という印象でしたが、実機に触れるとその印象が大きく覆りました。

というのも、背面から側面にかけてのアルミボディに目を惹かれるんです。継ぎ目のないシームレスなデザインで、唯一の継ぎ目は上端の縦線(アンテナ)のみ。前モデルのXperia XZsが下端などで継ぎ目が目立っていたのとは対照的です。


継ぎ目のないアルミボディから醸し出される高級感


Xperia XZ1に見慣れると、XZsが継ぎ目だらけに感じる


背面に継ぎ目のないという意味ではXperia X Performance(海外版)と共通しているが、Xperia XZ1では背面から側面にかけての継ぎ目もなくなっており、より洗練されている。


底面と上面にはわずかな膨らみがアクセントとして加えられた

このように、実機を触ってみると、前モデルのXperia XZsとは手触りも含めて「かなり別物」。ひんやりしたアルミの質感と合わせて、かなり所有欲を満たしてくれそうです。

一方ディスプレイに関しては、表示領域の狭さが気になりました。

というのも、Galaxy S8iPhone Xなどが縦長ディスプレイで表示面積を拡張する一方、Xperia XZ1は従来の16:9のアスペクト比を維持しています。


今となっては表示領域の狭さが気になる16:9のディスプレイ

例えばXperia XZ1でWEBページを表示する場合でも、縦長ディスプレイに慣れた今となっては、オンスクリーンキーの邪魔もあり、表示が相当狭く感じます。言うなれば、久しぶりにiPhone 4(アスペクト比3:2)を触った”あの感じ”に似ています。


アスペクト比2.17:1の縦長ディスプレイを採用するiPhone X

とはいえ、従来と同じ操作感を求めるユーザーには向きそうです。縦長では、画面の上端や下端をタップするのに苦労します。こうした「時代にとらわれない」良さもなきにしもあらずです。

なおXperia XZ1は最新のAndroid 8.0を早くも搭載。さらに、フルHDでHDR対応のディスプレイや、物体を3Dスキャンできる「3Dクリエータ」などの新要素も多数です。そちらの詳報は後日公開予定。

EXPANSYS

関連:






コメントを残す