大成建設/画像認識でトンネル切羽を常時監視/小石の落石など前兆検知、安全性向上 [2017年12月8日3面] – 日刊建設工業新聞社

Home » カメラ・AV機器 » 大成建設/画像認識でトンネル切羽を常時監視/小石の落石など前兆検知、安全性向上 [2017年12月8日3面] – 日刊建設工業新聞社
カメラ・AV機器, デジタルカメラ コメントはまだありません



大成建設/画像認識でトンネル切羽を常時監視/小石の落石など前兆検知、安全性向上  [2017年12月8日3面]

T-iAlert Tunnelのカメラ部(照明付き)

 大成建設は、トンネル切羽の落石監視システム「T-iAlert Tunnel」を開発した。画像認識技術を使い、切羽面での小石の落石や吹き付けコンクリート片の剥落など、大規模な落石や地盤崩落などの前兆となる挙動を検知し、警告する。同社が施工する道路トンネル現場に適用し、直径1センチ程度の小石の落石を検知する性能があることを確認した。
 山岳トンネル切羽での掘削は、監視員が目視により地盤状況を常時監視しながら作業が行われるが、長時間にわたって広範囲を監視し続けるのには限界があり、見落としのリスクが課題となっている。
 開発したシステムは、500万画素以上のデジタルカメラと照明装置、高性能パソコンで構成する。各機器はトンネル坑内での長時間連続仕様に耐えられる防滴・防じん仕様で、照明とパソコンはすべてファンレス空冷仕様。防振対策も施されている。
 落下物と人や機械の動きを区別して誤認知しない高度な画像認識機能を備えており、切羽周辺からの落下物だけを0・1秒以下の速度で正確に捉えて高速で画像処理し、切羽崩落などの危険性がある場合には、ブザーと回転灯で警告する。
 システム全体の重量は約15キロ程度で、5キロ程度のユニットに分割して持ち運ぶことができる。常時連続監視ができるため、監視員による監視と併用することで、監視員の負担軽減と安全性の向上が期待できる。
 今後は、トンネル切羽での施工状況に合わせた仕様変更や軽量化などの改良を加えながら山岳トンネル工事に積極的に適用するほか、のり面工事へも展開していく方針だ。






コメントを残す