インターアクションのフィスコ二期業績予想 – まぐまぐニュース!

Home » カメラ・AV機器 » アクションカメラ » インターアクションのフィスコ二期業績予想 – まぐまぐニュース!
アクションカメラ, カメラ・AV機器 コメントはまだありません




※この業績予想は2018年1月3日に執筆されたものです。最新の情報が反映されていない場合がありますのでご了承ください。

インターアクション

3ヶ月後
予想株価
1,000円

撮像半導体(CCD等)製造で使用される検査用光源装置で世界最大手の精密機械メーカー。輪転印刷機向け乾燥脱臭装置・排ガス処理装置、精密除振装置等も展開。海外売上高比率33%。18.5期1Qは増収増益。

18.5期1Q受注は前年比35%増と好調。スマホ・車載用カメラ等向けに撮像半導体の需要が好調で、利益柱の検査用光源装置の受注は前年比77%増と上伸。同装置主導で18.5期は2桁増益に。株価は上昇再開へ。

会計期/実予/売上高/営業利益/経常利益/純利益/EPS/配当
18.5期連/F予/5,000/570/510/420/44.39/10.00
19.5期連/F予/5,250/700/650/480/50.59/10.00
※単位:百万円、円、F予:フィスコ予想

執筆日:2018/01/03
執筆者:HH






コメントを残す