富士フイルム、ボディ内手ブレ補正搭載のミラーレス「FUJIFILM X-H1」

Home » カメラ・AV機器 » 富士フイルム、ボディ内手ブレ補正搭載のミラーレス「FUJIFILM X-H1」
カメラ・AV機器, 価格.com, 新製品 コメントはまだありません




富士フイルム、ボディ内手ブレ補正搭載のミラーレス「FUJIFILM X-H1」

2018年2月15日 14:50掲載


「FUJIFILM X-H1」 「FUJIFILM X-H1」※縦位置パワーブースターグリップ使用時

富士フイルムは、「Xシリーズ」の最新モデルとして、フラッグシップモデルのミラーレスデジタルカメラ「FUJIFILM X-H1」を発表。3月1日より発売すると発表した。

「Xシリーズ」として初めて、ボディ内手ブレ補正機能を搭載したモデル。3軸加速度センサー、3軸ジャイロセンサー、専用デュアルプロセッサーによって、5軸手ブレ補正を実現する。

具体的には、手ブレ補正機構の製造工程において、レーザー測定器などを駆使し、部品の平滑度と位置を高精度にコントロール。厳格な品質管理のもとで組み立てを行なうことで、手ブレ補正駆動時でも、ミクロンオーダーでセンサー面の平行度を制御するという。シャッター駆動時の微振動を抑制する、新たな衝撃吸収機構や電子先幕シャッターも採用した。

撮像素子には、APS-Cサイズの有効2430万画素X-Trans CMOS IIIセンサーを装備。加えて、高速画像処理エンジン「X-Processor Pro」やフジノンレンズ、独自の色再現技術との組み合わせによって、人間の記憶に残る鮮やかな色とされる「記憶色」を実現。被写体の質感や立体感、その場の空気感まで再現するとのことだ。

さらに、新開発の高剛性、高耐久ボディを採用。マグネシウム合金の厚みを現行機(「FUJIFILM X-T2」「FUJIFILM X-Pro2」など)に比べて25%向上させたほか、マウント部の取り付け構造を最適化することで、小型・軽量ながら、衝撃などに対する高耐性を確保する。外装には、粒度を高めた塗料を採用し、表面硬度8H相当を達成。防塵・防滴構造とマイナス10度の耐低温性能も備えた。

機能面では、「Xシリーズ」初の「フリッカー低減撮影機能」を搭載。蛍光灯や水銀灯など、照明のちらつきがある不安定な光源下での連写撮影でも、安定した露出を実現し、インドアスポーツの撮影などに適している。また、新たなAFアルゴリズムによって現行機に対して、像面位相差AF性能が向上。さまざまなシーンで、高速・高精度なAFが可能だ。

動画撮影では、多彩な色調を実現する「フィルムシミュレーション」に、同社映画用フィルムの色・階調を再現した「ETERNA(エテルナ)」モードを新たに搭載。加えて、200Mbpsの高ビットレート記録に対応するほか、素早く動く被写体のスローモーション再生時でもなめらかな「1080/120Pハイスピード動画(2倍/4倍/5倍スロー)」、広色域で撮影を行い、色や輝度などの編集が可能な動画データをSDカードに記録できる「F-Log SDカード記録」、明暗差の許容範囲を拡げる「ダイナミックレンジ400%(約12stop)設定」に対応する。

このほか、「DCI 4K(4096×2160)」「高音質内蔵マイク(24bit/48KHz)」「音声タイムコード」など、さまざまな動画撮影をサポートする機能も備えた。

主な仕様は、3.0型の3方向チルト/タッチパネル式液晶モニター(約104万ドット)を装備し、ファインダー倍率0.75倍、369万ドットのEVFも搭載。外部記録媒体は、SD/SDHC/SDXCメモリーカード(UHS-I/UHS-II対応)をサポート。動画撮影は、4K記録(4096×2160 24P/23.98P、3840×2160 29.97P/25P/24P/23.98P)に対応する。

電源は、充電式バッテリー「NP-W126S」(リチウムイオンタイプ)を使用し、標準撮影枚数が約310枚(XF35mmF1.4R使用時、ノーマルモード時)。本体サイズは139.8(幅)×97.3(高さ)×39.5〜85.5(奥行)mm、重量は約673g(付属バッテリー、メモリーカード含む)/約623g(バッテリー、メモリーカード含まず)。

市場想定価格は240,000円前後(税別)。

■関連リンク

【新製品ニュース】富士フイルム、Xマウント初対応のシネマレンズ「MKX18-55mmT2.9」「MKX50-135mmT2.9」

価格comで最新価格・クチコミをチェック!




関連コンテンツ

デジタル一眼カメラ関連最新ニュースリンク

このニュースの関連リンク

メーカーサイト





コメントを残す