ソニーストア福岡天神、オープンから1年が経過して – マイナビニュース

Home » カメラ・AV機器 » ソニーストア福岡天神、オープンから1年が経過して – マイナビニュース
カメラ・AV機器, 有機ELテレビ コメントはまだありません



現在、ソニーストアでは発売前の製品展示が目白押しだ。6月10日に発売予定の有機ELテレビ「BRAVIA A1シリーズ」や、これまでにない体験が可能な「Xperia Touch」など、銀座、名古屋、大阪、札幌、福岡天神のすべてのソニーストア店舗でこれらの製品のタッチ&トライが可能だ。

今回、筆者が訪ねたソニーストア福岡天神は、2016年4月にオープンしてから1年が経過したところ。ストアライブやトークショー、カメラ購入者を対象にした個別セミナーなど福岡天神店独自のイベントを開催し、それがソニーファンの増加につながっている。本稿では、ソニーストア福岡天神の店舗に展示されていた発売前の製品とともに、同店のこの1年の取り組みを紹介しよう。

ソニーストア福岡天神

ソニーストア福岡天神では発売前の新製品を先行展示している

発売前に直接体験

ソニーストアはソニー直営の店舗で、ショールームとしての機能だけでなく、販売、サポート機能を有している。ソニーマーケティングの河野弘社長は、「ソニー製品の購入前、購入時、購入後という、購買に関わるすべてのプロセスにおいて関わっていくリアルの店舗がソニーストア」と位置づけている。ソニー製品を熟知した専門スタッフが接客対応する一方、ソニーの開発者などによる店頭イベントなども行っている。

そして、ソニーストアに欠かせない特徴のひとつが、最新のソニー製品をすべてを並べるだけでなく、発売前の製品もいち早く展示し、これらを直接体験できるという点だ。実際にこの時期、ソニーストアにはいくつもの発売前の製品が展示されている。

一つめは、6月10日に発売を予定している有機ELテレビ「BRAVIA A1シリーズ」である。BRAVIA A1は、2007年に世界初となる11型有機ELテレビ「XEL-1」を発売したソニーが、長年蓄積したノウハウを投入した新たな有機ELテレビだ。独自開発の4K高画質プロセッサー「X1 Extreme」を搭載し、高精細、高コントラスト、広色域を実現し、美しい映像を再現する。有機ELテレビならでの漆黒の黒と、約8mmの薄さという有機ELならではの佇まい。視聴している画面から直接音が出る新音響システム「アコースティックサーフェス」もソニーストアで体験可能だ。

先行展示されたBRAVIA A1シリーズ

1日に数回、ミニセミナーが開催されている

そして、Android TVならではの機能も試すことができる。単にテレビ番組を見るだけでなく、ネット動画やアプリの利用、スマホ連動などによって、これまでとは違うテレビの使い方をソニーは提案している。ソニーの調査によると、Android TVを搭載したBRAVIAは、70%がインターネットに接続されており、これによって、視聴時間が月10時間以上伸びているという。また、音声検索の利用率も68%と高く、月平均利用回数は46.2回と、1日1回以上に達しているといった調査結果もある。「BRAVIAでは音声検索が一般化しており、これまでのテレビが受け身であったのに対して、能動的な使い方が増えていることを裏付けている」とBRAVIAならではの視聴の変化を示す。

ソニーストアでは1日数回、A1シリーズに関するミニセミナーを実施している。BRAVIAに精通したスタイリスト (ソニーストアのスタッフ) の説明を聞きながら、発売前の有機ELテレビをじっくり体感できるというわけだ。

BRAVIA A1シリーズは全国5店舗のソニーストア全店で展示されているが、ソニーストア福岡天神では、65型の製品を1階フロアのBRAVIAコーナーに展示しているほか、55型の製品をリビングを想定したシーン展示で体験できるようにしている。さらに、2階のシアタールームにも65型の製品を展示。まさに有機ELテレビならではの没入感を味わえる。実際にシアタールームで体験したことがきっかけで、購入予約をした人もいるという。




55型はシーン展示によって体験できるようになっている

2階のシアタールームでも65型のBRAVIA A1シリーズを体験できる



コメントを残す