キヤノン、エントリーデジタル一眼「EOS Kiss X9」を7/28に発売決定 – 価格.com

Home » カメラ・AV機器 » キヤノン、エントリーデジタル一眼「EOS Kiss X9」を7/28に発売決定 – 価格.com
カメラ・AV機器, デジタル一眼 コメントはまだありません




キヤノン、エントリーデジタル一眼「EOS Kiss X9」を7/28に発売決定

2017年7月14日 14:57掲載

キヤノンは、7月下旬発売としていたエントリーモデルのデジタル一眼レフカメラ「EOS Kiss X9」の発売日を決定。7月28日より発売する。

ラインアップはボディ単体に加えて、「EF-S18-55mm F4-5.6 IS STM」が付属する「EF-S18-55 IS STM レンズキット」、「EF-S18-55mm F4-5.6 IS STM」と「EF-S55-250mm F4-5.6 IS STM」が付属する「ダブルズームキット」を用意する。

なお、ボディカラーはブラック、ホワイト、シルバーの3色を用意するが、ホワイトモデルとシルバーモデルは、「EF-S18-55 IS STM レンズキット」のみの販売となる。また、「EF-S18-55mm F4-5.6 IS STM」(シルバー)の単品での販売はしないという。

仕様面では、従来モデル「EOS Kiss X9i」から軽量化を実現したほか、内部構成の見直しや、液晶モニター部への軽く丈夫な新素材の採用により、幅が約122.4mm、高さが92.6mm、奥行き69.8mmと、いずれも従来よりコンパクトなサイズとなっている。

撮影面では、有効約2420万画素でAPS-Cサイズ相当のCMOSセンサーと、映像エンジン「DIGIC 7」の組み合わせにより、最高ISO25600(動画撮影時は最高ISO12800)の常用ISO感度を実現。最高約5.0コマ/秒の連写にも対応する。動画撮影はフルHD(1920×1080)/60pをサポートした。

バリアングル式の背面モニターは、3.0型で約104万ドット。本体サイズは122.4(幅)×92.6(高さ)×69.8(奥行)mm。重量はブラックモデルが約453g(バッテリー、カードを含む)/約406g(本体のみ)、ホワイトモデルが約456g(バッテリー、カードを含む)/約409g(本体のみ)、シルバーモデルが約454g(バッテリー、カードを含む)/約407g(本体のみ)。

キヤノンオンラインショップでの価格は、ボディ単体が65,500円、「EF-S18-55 IS STM レンズキット」が74,500円、「ダブルズームキット」が102,500円(いずれも税別)。

■関連リンク

【新製品ニュース】キヤノン、軽量453gでコンパクトになったエントリー一眼「EOS Kiss X9」

【新製品ニュース】キヤノン、バリアングル液晶搭載の「EOS 6D Mark II」を8/4発売

価格comで最新価格・クチコミをチェック!




関連コンテンツ

デジタル一眼カメラ関連最新ニュースリンク

このニュースの関連リンク

メーカーサイト





コメントを残す