iPhoneをカメラっぽく使えるカメラグリップ「Pictar One」を試す – BIGLOBEニュース

Home » カメラ・AV機器 » iPhoneをカメラっぽく使えるカメラグリップ「Pictar One」を試す – BIGLOBEニュース
カメラ・AV機器, デジタル一眼 コメントはまだありません





 iPhoneは世界で最も使われている「カメラ」である……のだが、「iPhoneをもっとカメラっぽくしたいのか、君たちは」と言いたくなるようなガジェットが登場した。イスラエルのmiggoという会社の「Pictar One(ピクターワン)」だ。
 日本ではエム・エス・シー(大阪市中央区)が取り扱っていて、Plusの付く大きなiPhone用の「Pictar One Plus」が1万4000円前後、Plusの付かないiPhone 4s以降のiPhoneで使える「Pictar One」が1万3000円前後(ともに税別)で販売されている。

●その実体は「ハーフケース型カメラグリップ」

 miigoの製品情報サイトでは、Pictar oneは「Convert Your iPhone Into a Real Camera(あなたのiPhoneを本物のカメラに)」と紹介されている。
 その実体は、iPhoneの下半分を覆ってカメラっぽくする「ハーフケース型カメラグリップ」。iPhoneにPictar Oneを履かせると、撮影用グリップに加えて「シャッター」と「電子ダイヤル」が付いて、本物のカメラのように撮影できます、というわけだ。
 製品にはPictar Oneの他にストラップ2つとケースが付属する。
 Pictar Oneは、下半分がバネで広がるようになっている。この構造のおかげで、iPhone 4sからiPhone 7に至るまで、幅広い機種で使える。薄目であれば、本体に別のケースを付けたままで装着することもできる。新型のiPhoneが出ても、サイズがデカくならない限りそのまま使えるだろう。

●アプリさえ入れればペアリング不要 秘密は「超音波」

 Pictar Oneの上部には2つのホイールがある。+/−が書いてあるホイールは露出補正に使う。何も書いてないホイールは「スマートホイール」と呼ばれるもので、機能選択などに使う。グリップ上のリングはデジタルズーム用のもので、押し込むこともできる。シャッターボタンは半押しもできる。
 Pictar One上にあるボタン類は専用アプリで撮影している時に使える。ダイヤルを回して撮影のセッティング、シャッターボタンを半押ししてオートフォーカス(AF)、シャッターボタンを押し込んでシャッターを切る——といった本物のデジタルカメラと同じ技が使えるようになるのだ。
 となると気になるのは「Pictar OneとiPhoneとの間の通信はどうなっているのか?」っていうこと。Lightning端子は使っていないし(使ったらそもそもiPhone 4sでは使えない)、BluetoothでもWi-Fiでもない。
 実は、超音波を使っているそうである。これなら確かにペアリング不要で簡単に使える。面白い発想だ。
 Pictar Oneは「1/2AA」サイズの3.6Vリチウム電池で稼働する。日本では見慣れないサイズの電池だが、Web通販サイトなどを通して国内でも購入できる。
 超音波を使って通信するということで、バッテリーは数カ月持つそうな。面白いのは、Pictar One側に電源スイッチがないこと。iPhoneを装着してアプリを起動するとすぐ使えるのである。これはよい。

●まずはセットアップ

 繰り返しだが、Pictar Oneは専用アプリで使う。起動するとあれこれ指示がでるのでそれに従って操作し、iPhoneとの通信が上手くできているかどうかチェックする。
 まず、シャッターボタンを押す。「Good!(いいね!)」と言われたら、ズームリングやホイールを回して動作に問題がないかチェックする。
 こんな具合で設定が終わったら撮影だ。

●では撮ってみよう

 Pictar Oneのシャッターボタンはものすごく軽い。半押しにも対応しているけれど、“かるーく”押さないと、全押し扱いになっちゃうので注意が必要だ。
 慣れると半押しでピントを合わせて押し切って撮影、というカメラっぽい操作ができるようになる。「本物のカメラ」のシャッターにはほど遠い感触だけど、まあその辺はしょうがないか。アプリではシャッターボタンの半押しのみならず、タッチAFも使える。
 オート撮影時の画面は下のような感じ。設定を変えると水準器も表示できる。これはよい。
 ただし、画面左上の「A」という表示がちょっと気になる。これは「Auto(オート撮影)」を意味しているのだけれど、一般的なカメラで「A」といえば「絞り優先自動露出(Auto Exposure:AE)」を意味するので、ちょっとむずむずしてしまうのだ。
 撮影モードは10個用意されていて、スマートホイールを回すとどんどん変えられる。設定画面で変えることもできる。
 その中で実は結構便利なのが「ISO感度優先AEモード」。このモードを選ぶと、画面の右側にISO感度を変更するスライダーが出る。これを指で上下に動かすとISO感度を自由に変更できる。
 フィルターモードもなかなか使える。ただし、一部を除きフィルターは有料(アプリ内購入)となるので注意。
 で、撮影するわけだが、カメラ部分はiPhoneのカメラをそのまま使うので、画質もiPhoneのもの。特筆すべきことは特にない。
 面白いのは拡張性。Pictar Oneの本体には三脚穴が付いているので、三脚や自撮り棒を取りつけられる。また、アクセサリーシューも付いているので、LEDライトなども装着できる。
 LEDライトをつけられるのは良い。動画撮影をする時に便利そうだ。ただし、LEDライトの位置とiPhoneのカメラレンズの位置が少しずれるので、近距離の被写体を撮ると右の方が明るくなっちゃいます。まあ、照射角が広いLEDライトを使えば解決、ということで。

●まとめ:実用的なグリップ+カメラ気分=Pictar One

 で、Pictar Oneとは何なのか。
 半分は「実用的なカメラグリップ」だ。グリップがしっかりすると構えやすく撮りやすいし、デジタルズームがダイヤルでクリクリできるのも便利でいいし、純正カメラアプリよりもマニュアル撮影系の機能がしっかりしてるので、ちょっと凝った撮影したいときに便利だ。三脚やLEDライトを付けることもできるので1つ持っているだけで何かと役に立つ。
 もう半分は「カメラ気分を味わうアイテム」だ。これでiPhoneがデジタル一眼になるわけではないし、本物のカメラと比べるとさすがにシャッターボタンやダイヤルの感触はかなり「アレ」だ。けれど、これをカシャッと装着して構えれば「iPhoneの下半身がカメラに変身した!」的な気分を味わえる。カメラ気分になるとパシャパシャと撮りたくなって楽しい。
 超音波を使っているせいなのか、時々ダイヤルのレスポンスが悪くなったのが気になるけれど、iPhoneでカメラ気分を味わうにはいいガジェットだ。






コメントを残す