18年のソニーは何をする? 最高峰の8K/HDRテレビなど展示(日経トレンディネット)

Home » デジタル » 18年のソニーは何をする? 最高峰の8K/HDRテレビなど展示(日経トレンディネット)
デジタル, 日経トレンディネット コメントはまだありません



 IT・家電業界の年初の恒例イベントとも言える総合展示会「CES 2018」が、2018年1月10日から米国・ラスベガスで開催された。日本からの出展メーカーで最も注目を集めたメーカーは、AV製品をはじめ、さまざまなコンシューマー向けプロダクトを擁するソニー。開幕に先立つプレスカンファレンスで披露された内容を中心に、2018年のソニーの戦略をチェックする。

【関連画像】ソニーブースでは8Kパネル&1万nitsのディスプレーのプロトタイプをデモ

●4K有機ELテレビを発売も、注目は8K対応「高画質プロセッサ」

 ソニーがCES 2018で、新製品のトップとして紹介したのが、4K有機ELテレビの2018年モデル「A8F」シリーズと液晶テレビ「X900F」。ただ、注目されたのは、同時に披露された次世代の高画質プロセッサ「X1 Ultimate」のプロトタイプだ。なんと「8K」の映像信号処理にまで対応している。実際、ソニーブースでは、独自のバックライト技術を組み合わせ、最高値1万nits(明るさを表す単位。1nitは1カンデラ毎平方メートルと同義)の8K/HDRという、現在考えられる最高峰のディスプレーを披露していた。

 ソニーは8Kへ一直線化か? というと、8Kはあくまで技術デモ。液晶テレビ、有機ELと他社製パネルの供給を受けている今、ライバルメーカーと差異化するポイントは自社の高画質プロセッサだと改めて訴えた形だ。

●オーディオはノイズキャンセルのワイヤレスヘッドホンで勝負

 人気のオーディオでは、ノイズキャンセルに対応したスポーツタイプの完全ワイヤレスイヤホン「WF-SP700N」を発表。ワイヤレスイヤホンの分野では、ノイズキャンセルで差別化していく。

 3.1chサウンドバーとして初のDolby Atmos対応となる「HTZ9F」も発表し、オーディオは引き続きプレミアムクラスの新製品が勝負どころといったところだろう。

得意のイメージセンサーを車載へ本格展開へ

 ソニーが現在、最も強みを発揮している製品カテゴリーがカメラ用のイメージセンサーだ。ソニーの平井社長は以前から、センサーの車載用途に興味を示してきたが、具体的な製品や技術は明らかにしていなかった。だが、CES 2018のプレスカンファレンスでは、完全自動運転社会を見越した車載向けイメージセンサーを紹介し、BOSCH、デンソー、MOBIL EYE、NVIDIAなどのパートナーに提供を始めていると発表した。

 完全自動運転時代になると、クルマの周囲の状況を認識する“クルマの目”ともいうべきイメージセンサーの需要は高く、求められる性能は幅広い。特に人の目を超える認識精度は安全確保に寄与する。ソニーらしさのポイントとして、イメージセンサーを販売するだけでなく、相手先に合わせたセンサー開発にも参加していくとしている。

【関連記事】



コメントを残す