ヤマト運輸、「12~14時」の指定配達を廃止–EC拡大に耐えきれず

Home » デジタル » ヤマト運輸、「12~14時」の指定配達を廃止–EC拡大に耐えきれず
デジタル コメントはまだありません



「クロネコメンバーズ」のウェブサイト
「クロネコメンバーズ」のウェブサイト

 ヤマト運輸は3月17日、「12~14時」の時間帯指定を廃止することを発表した。また、当日の再配達依頼の受付け締切り時刻も見直す。

 まず、4月24日から当日の再配達の依頼を受付ける締切り時刻を変更する。20時までだったセールスドライバーとサービスセンターの締切りを19時に、同じく20時までだった再配達自動受付を18時40分に、19時40分までだったインターネット受付を18時40分に短縮する。

当日の再配達依頼を受付ける締切り時刻を変更
当日の再配達依頼を受付ける締切り時刻を変更

 また、6月中に配達時間帯の指定枠を変更する。具体的には、「12~14時」と「20~21時」の時間帯指定を廃止し、「19~21時」の時間帯指定を新設するという。なお、発送時の指定の場合に加え、再配達時の指定の場合も、同様に時間帯の指定枠を変更するとしている。

配達時間帯の指定枠を変更
配達時間帯の指定枠を変更

 同社では、EC利用者の拡大により物量が増える一方で、労働人口の減少などにより労働需給が逼迫しており、厳しい経営環境が続いていると説明。そこで、労働力確保に向けて職場環境を改善するために、2月1日に「働き方改革室」を本社内に新設したという。

 今後、社員の法定休憩時間の適切な取得や、勤務終了から翌日の始業までの間に一定時間のインターバルを設ける制度の確立などを目的に、サービス内容の変更を決めたとしている。






コメントを残す