ソニー、超短焦点4K HDRプロジェクタを日本でも発表–価格は220万円

Home » デジタル » ソニー、超短焦点4K HDRプロジェクタを日本でも発表–価格は220万円
デジタル コメントはまだありません



 ソニーは3月15日、壁から26cmの距離で120インチ相当の大画面を投影できる超短焦点4K HDRプロジェクタ「VPL-VZ1000」(VZ1000)を発表した。投射距離の短さをいかし、窓際やリビングなど新たな“大画面設置”を提案する。発売は4月下旬。税別価格は220万円になる。


「VPL-VZ1000」

 ソニーでは2015年に超短焦点プロジェクタ「LSPX-W1S」(税別価格:500万円)を発売。「空間に溶け込む家電」をコンセプトに展開する「Life Space UX」シリーズとして展開している。VZ1000は、超短焦点、4Kという特長はそのままに、スピーカ、キャビネットなど5つの筐体から構成されていたLSPX-W1Sを、プロジェクションユニット1つにし、省スペース化。輝度を2500ルーメン(LSPX-W1Sは2000ルーメン)へと高めたほか、HDR10、HLGと2つのHDR方式の再生に対応する。


ボディはブラックを採用している

 パネルには0.74型の4K SXRDを採用し、4096×2160ピクセルのネイティブ4K画質を実現。「Z-Phosphor」のレーザー光源を使用し、電動のレンズシフト機能も備える。

 独自の「データベース型超解像処理LSI」により、2Kコンテンツを4K超解像処理して再生することも可能。3Dメガネ「TDG-BT500A」を使用すれば、3D視聴にも対応する。

 台形補正機能は備えておらず、底面にあるネジ式の足を使って物理的に補正する。フォーカス、シフト、ズーム設定用に「レンズフォーカステストパターン」「レンズシフト、ズームテストパターン」も内蔵している。

 サイズは高さ218.5mm×幅925mm×高さ493.8mmで、重量約35kg。HDCP2.2対応のHDMI端子4系統とトリガー端子1系統、D-sub 9ピン1系統、LAN端子を備える。専用金具を使えば天吊りにも対応可能だ。LSPX-W1Sが銀座ソニービルでの販売のみだったのに対し、VZ1000は家電量販店などでも取り扱う。






コメントを残す