「壁に張るテレビ」がついに来た 厚さはわずか3.9mm(日経トレンディネット)

Home » デジタル » 「壁に張るテレビ」がついに来た 厚さはわずか3.9mm(日経トレンディネット)
デジタル コメントはまだありません

 LGエレクトロニクス・ジャパンは2017年3月16日、4K対応有機ELテレビの新製品4機種を発表した。目玉となるのが、厚みをわずか3.9mmに抑えた壁掛け式モデル。磁力を利用して固定用金具と密着させる構造を採用し、壁掛けというよりは“壁に張る”というこれまでにない感覚に仕上げた。パネル面と壁との距離がほぼゼロになることで、あたかも壁に映像が浮かび上がるような表現を可能にし、視聴の際の没入感を高めた。音響面は、前方に設置したスピーカーだけで横の広がりに加えて高さ方向の広がりを仮想的に表現できるように改良した。

【関連画像】65W7Pのパネルは厚みが3.9mmしかない。壁掛けにした状態でも3.9mmの薄さをキープできるよう構造を工夫した

 2017年は国内の家電メーカーが相次いで有機ELテレビを発表するとみられるが、見た目や表示品質、音響でインパクトの大きい高品質の製品を他社に先んじて投入することで、次世代の薄型テレビとして注目が高まる有機ELテレビの分野での地位固めを狙う。

 予想実売価格は、壁掛けに対応した最上位の65型モデル「OLED 65W7P」が100万円前後、ガラスの上にパネルが載ったようなデザインを採用する自立型の65型モデル「OLED 65E7P」が80万円前後、薄型ベゼルを採用したスタンダードタイプの65型モデル「OLED 65C7P」が70万円前後、55型モデル「OLED 55C7P」が50万円前後。発売は、いずれも4月上旬の予定。

映像の表現力を高めただけでなく、3Dの立体音響の再生も可能にした

 今回の新製品で注目なのが、壁掛けに対応した65W7Pだ。付属の金具を利用することで、壁にほぼ密着した状態で壁掛けできる。LGエレクトロニクス・ジャパンの 李 仁奎(イ・インギュ)社長は「シンプルさを追求した究極のテレビを目指すべく、壁に掛けた1枚の絵のように仕上げた。パネル面と壁とのすき間を最小限にすることで、視聴の際の没入感が高められる」と、壁掛け式のメリットを訴求した。窓から見える風景やフレームに額装した絵画や写真などの動画を収録し、ワンタッチで再生できるようにしたのも面白い。

 配線はシンプルで、65W7Pのパネルから伸びているフラットケーブルを付属のスピーカーユニットに接続するだけでよい。HDMIなどのAVケーブルや電源ケーブルはスピーカーユニットに接続する仕組みだ。

 有機ELテレビの売りである表現力も、2016年発売モデルからさらに高めた。パネルを最新世代のものに置き換え、最高輝度の向上(約25%)や暗部の輝度処理の改良を施したことで、明るいリビングでもコントラストが高く白飛びや黒つぶれの少ない映像が楽しめるようにした。ダイナミックレンジは、HDR対応の4K液晶テレビが14stopsなのに対し、今回の新製品は21stopsにまで拡大した。

 今回の新製品では、音響面も強化した。従来のサラウンドは左右方向の広がりを表現できたが、ドルビーと共同開発した新しい技術「ドルビーアトモス」を搭載することで、テレビの内蔵スピーカーのみで上下方向の広がりも表現できるようにした。スピーカーの開口部が正面を向いた65W7Pや65E7Pだけでなく、スピーカーが下向きに搭載されている65C7Pや55C7Pでも音の広がりがしっかりと感じられるという。特に、65W7Pは天井に向けたスピーカーを独立して搭載しており、天井で反射させることで頭上からのサウンドを表現しやすくした。

【関連記事】

コメントを残す