机がピアノに! ソニー、パナソニックが新技術競演【SXSW2017】(日経トレンディネット)

Home » デジタル » 机がピアノに! ソニー、パナソニックが新技術競演【SXSW2017】(日経トレンディネット)
デジタル コメントはまだありません



 現地時間の2017年3月10日にスタートした世界最大級の見本市のひとつ「サウス・バイ・サウスウエスト(SXSW)」。1987年に米国テキサス州オースティンで音楽祭として開催されたSXSWは、94年に映画、98年にIT関連を扱うインタラクティブが加わり、総合的なイベントとなった。いまや三本柱のひとつになっているインタラクテイブは当初、インターネット関連の技術を紹介する見本市だったが、現在は創造的な製品、サービス、ビジネスモデルを包括的に扱う見本市に成長。ここ最近は日本の有名企業も積極的に参加するようになった。

【関連画像】街角もお祭りムードだ

 現地では12日、いよいよメーンの企画であるTRADE SHOW(展示会)が始まった。TRADE SHOWはAustin convention Centerが主な会場となるのだが、有名企業のなかには、倉庫やレストランを期間中だけ改装して展示するケースも多い。ここでは、Austin convention Centerの外で大規模な展示を披露したソニーとパナソニックのブースを紹介しよう。

VRの楽しさをとことん追求するソニー

 日本を代表する企業として比較されることも多いソニーとパナソニック。SXSWの展示を比較するとソニーのAVに対してパナソニックが家電と対照的でなかなか面白い。展示場の名前もソニーが「The WOW Factory」、パナソニックが「Panasonic House」と、最新の技術で人々の生活を豊かなものにするというコンセプトは同じとはいえ、両社のキャラクターの違いが如実に表れている。

 ではソニーの展示を見ていこう。同社はAV関連の最新技術を中心に13テーマの展示を用意。このうち、SXSWで初めて披露されたのが「IMMERSIVE SPACE ENTERTAINMENT」と「POWERFUL EXPERIENCE USING YOUR BODY AND BRAIN!」という2つのVR(仮想現実)だ。

 IMMERSIVE SPACE ENTERTAINMENTは、ヘッドセットを使わないVRの体験システム。視界を覆うように利用者の前に設置したドーム形のスクリーンを使って没入感を高めている。利用者は椅子に座ったリラックスした状態でVR映像を視聴する。椅子にはセンサーが組み込まれており、椅子の向きを変えると、映像も向いた方向に変化する。人間の体の自然な動きにVR映像が追従する点が新しいという。また椅子ではなく自転車(もちろんその場でこぐもの)を使ったデモでは、ハンドルの方向やスピードで映像が変化する。ジムなどでの応用も考えているという。

 もうひとつのPOWERFUL EXPERIENCE USING YOUR BODY AND BRAIN!は、VRヘッドセットと再生用のハードウエアを背負っての体験となる。まるで映画やアニメの世界に入り込んでしまったような高い現実感が味わえるという。今回は「GOLD RUSH VR」ということで、かつての西部開拓時代を背景に宝探しをするという内容。ユニークな点は手に持ったコントローラーで映像内の岩などをつかんで投げられること。近くにある岩だけでなく、遠くの岩を吸い寄せるといった操作も可能だ。つかんだ岩を宝箱などにぶつけると金貨などが飛び出す仕掛け。映像も美しく、VRに没入できる。また場面を変える際に乗るトリムは、洞窟などを疾走するするのだがこちらのリアリティーはかなりのものだった。権利関係をクリアして人気の映画やアニメで実現できたら話題を呼びそうだ。

 このほかソニーらしい展示だったのが「MUSIC WITH ANY SURFACE UI」だろう。これは先日のMobile World Congressで発表された「Xpeia Touch」を活用したデモ。Xperia Touchは短焦点の小型プロジェクターで、テーブルなどにアプリの画面を投射すると、その画面をタップするなどしてアプリが操作できる。平面であればあらゆる場所がユーザーインターフェースになるというわけだ。今回の展示では、3台のXperia Touchを連携させて、ピアノやドラムをテーブルに表示。テーブルが楽器に早変わりするデモを紹介していた。

【関連記事】



コメントを残す