無線LANルーターで超重要な「引っ越し機能」とは?(日経トレンディネット)

Home » デジタル » 無線LANルーターで超重要な「引っ越し機能」とは?(日経トレンディネット)
デジタル コメントはまだありません



 春に買い替え需要が高まる無線LAN(Wi-Fi)ルーターは多くの機能を搭載している。そのなかには一般ユーザーが聞き慣れない機能もあるだろう。

 最近の無線LANルーターで多くの製品が売りにしているのが、「引っ越し機能」だ。どのような機能なのか、簡単に紹介しよう。

●再設定不要、移行がすぐ終わる

 無線LANはESSIDと暗号キーによって接続する仕組みをとっている。通常、無線LANルーターを買い替えるとそれらが変わってしまう。そのため、無線LANルーターのESSIDと暗号キーの設定を変更するか、接続する端末の接続設定を変更しないと、無線LANに接続できなくなってしまう。

 このような、設定をいちいち変更しなければならない面倒さを解決するのが、引っ越し機能だ。

 この機能があれば、以前使っていた無線LANルーターから、ESSIDと暗号キーといった無線LANの接続設定を、設定画面を開かずに新しく購入した無線LANルーターにコピーできる。無線LANルーターや端末の再設定は不要なので、無線LANルーターの移行があっという間に終わる。

引っ越しできない設定もある

 バッファローは「AirStation引越し機能」、NECプラットフォームズは「Wi-Fi設定引越し」、アイ・オー・データ機器は「Wi-Fi設定コピー機能」など、各メーカーによって引っ越し機能の名称が異なるが、仕組みはまったく一緒だ。

 今まで使っていた無線LANルーターのWi-Fi Protected Setup (以下、WPS)機能を使い、新たに買ってきた無線LANルーターを引っ越し機能で接続すると自動的に無線LANの設定がコピーされる仕組みだ。

 引っ越し機能はWPS機能を使うため、もともと使っていた無線LANルーターがWPS機能による簡単接続設定が利用できる必要があるものの、条件はそれだけだ。それまで使用していた無線LANルーターと、新たに買ってきたルーターが同じメーカーである必要もない。

 ただし、引っ越し機能で移行できる設定は、ESSIDや暗号キーといった無線LANの接続設定のみ。インターネット回線の接続設定や無線LANのそのほかの設定まではコピーされない。それらは無線LANルーターの設定画面を開き、手動で移行する必要があるので注意が必要だ。

(文/田代祥吾)

【関連記事】



コメントを残す