NTTデータ、スマホによる銀行口座の決済サービス計画を発表

Home » デジタル » NTTデータ、スマホによる銀行口座の決済サービス計画を発表
デジタル コメントはまだありません



クレジットカードやバーチャル口座へのチャージを使わず、直接銀行口座から決済

2017年03月21日 17時30分更新

文● 行正和義 編集●ASCII

サービスコンセプト

 NTTデータは3月21日、スマホアプリと銀行口座を連動させるスマホ決済サービスを計画していることを発表した。2018年度上期を目処に開始するという。

 現在でもスマホで各種支払いが可能なサービスはあるものの、クレジットカードをベースとしたサービスであったり、いったんバーチャル口座にチャージして利用するものが大半。銀行口座からダイレクトに資金を移動させる決済サービス(デビットカード決済)が普及していない。決済時に直接銀行口座から引き落とされる決済は、学生などクレジットカードを持たない/持てない層だけでなく、クレジットカードを使わず堅実に買い物をしたい層に受け入れやすいという。

銀行口座と連動したスマホ決済の概要

 NTTデータでは、利用者の所有する銀行口座を専用スマホアプリに登録しておくことで、複数の加盟店でスマホ決済が可能とするもの。日本国内のメガバンクや地方銀行や各種加盟店と連携し、2017年度上期中に実証実験を実施。1018年上期でのサービス提供を目指すという。

■関連サイト



カテゴリートップへ







コメントを残す