マネーツリーが総額10億円の資金調達–新たにSBIインベストメント、地方銀行系VCら

Home » デジタル » マネーツリーが総額10億円の資金調達–新たにSBIインベストメント、地方銀行系VCら
デジタル コメントはまだありません



 個人向け資産管理アプリ「Moneytree」を提供するマネーツリーは3月21日、総額10億円を超える出資を受けたと発表した。リードインベスターは、SBIインベストメントだ。

 同社は、2015年にメガバンク系ベンチャーキャピタルのみずほキャピタル、SMBCベンチャーキャピタルおよび米国セールスフォース・ドットコムの投資部門であるセールスフォース ベンチャーズから「シリーズA」で出資を受けている。さらに今回は、SBIインベストメント、ふくおかテクノロジーパートナーズ、広島ベンチャーキャピタル、池田泉州キャピタルおよび英国大手運用会社大手ベイリー・ギフォード・アンド・カンパニーが加わった。

 今回の資金調達は、FinTech市場におけるマネーツリーのさらなる事業拡充、B2Cサービスの機能向上、金融インフラプラットフォーム「MT LINK」を中心としたB2B事業拡大および組織力の強化を目的としたもの。また、英国大手運用会社ベイリー・ギフォード・アンド・カンパニーもファイナンスの参加により今後の海外展開の布石になるとしている。

 このほか、無料のMoneytreeアプリや有料プラン向けの経費精算機能、モバイルでも法人口座の閲覧ができる「Moneytree Work 法人口座」に新たな機能を搭載していく。

 マネーツリー 代表取締役のポールチャップマン氏は、「このたびの資金調達により、マネーツリーが次の成長段階に進めることをうれしく思う。これまで以上に、サービスのセキュリティー維持、プライバシー保護、情報の透明性に注力したい。また、金融業界のデジタルバンキング化をサポートし、会計業界のクラウド会計システムの土台作りに貢献していきながら、利用者を主体とした業界全体のエコシステムの構築に尽力するとともに、日本の技術を海外へ展開することで、サービスのグローバル化を目指していきたい」とコメントしている。






コメントを残す