[ブックレビュー]チャレンジすべきは“クレイジー”なアイデア–「THINK WILD」

Home » 媒体 » CNET Japan  » [ブックレビュー]チャレンジすべきは“クレイジー”なアイデア–「THINK WILD」
CNET Japan , デジタル コメントはまだありません



 原題は「CRAZY IS A COMPLIMENT」、キーワードは「クレイジー」だ。周りからは「クレイジー」だと言われてしまうようなアイデアこそ、実行に移す価値があるものだから、自信を持ってチャレンジする人が増えて欲しいという著者の思いが感じられる。

 著者は、アントレプレナーを支援する「エンデバー」の共同創業者である。本書は、著者自身が、エンデバーを設立する際に出会ったさまざまな困難についてさらけ出していることはもちろん、著名なアントレプレナーたちの具体的な事例のほか、エンデバーを通じて出会ったアントレプレナーたちの数々の失敗談や成功談、そこから導き出される法則や解決策などを、これでもかと教えてくれる充実の1冊だ。

 今や成功者として名をはせているような人や企業でも、最初の一歩はとても小さなものだったのだ。そしてまた、苦難や苦境をいくつも乗り越えて今がある。中には「よくそこから復活できたな」と思えるようなエピソードもある。誰も苦労せずに成功しているわけではない。自分など何も持っていないと思っている人こそ、本書を読み終わるころには、「実はこういうことをやりたいと思っていいたんだ」ということを実行に移そうとするはずだ。






コメントを残す