B250搭載の安価なMicro ATXマザーがASUSから

Home » パソコン » B250搭載の安価なMicro ATXマザーがASUSから
パソコン, 自作PC コメントはまだありません



ASUS「PRIME B250M-K」

2017年03月17日 22時20分更新

文● 山県 編集●北村/ASCII.jp

 ASUSから、B250チップセット搭載のMicro ATX対応マザーボード「PRIME B250M-K」が発売された。シンプルデザインで安価なモデルだ。



B250チップセット搭載のMicro ATX対応マザーボード「PRIME B250M-K」。メモリースロット2本のエントリーモデルだ

 基板サイズが226×185mmと小型な、Kaby Lake対応Micro ATXマザーボード。優れた耐久性と信頼性で長期間安定を実現する「5X Protection III」やデジタル電源回路の「DIGI+ VRM」、省電力を実現する電力制御チップの「EPU」を搭載する。



エントリーモデルながらPCIe Gen3×4のM.2をサポート。高速タイプのNVMe対応SSDが利用できる

 主なスペックは、拡張スロットがPCI Express(3.0) x16×1、PCI Express(3.0) x1×2。メモリーは、DDR4 DIMM×2(DDR4-2400/2133 、最大32GB)という構成。

 オンボードインターフェースとして、ギガビットLAN(Realtek RTL8111H)やサウンド(Realtek ALC887 8CH HD)、M.2×1、SATA3.0×6、USB 3.0×6、USB 2.0×6などを装備。グラフィックス出力機能としてDVI-D×1、D-Sub×1を搭載する。

 価格は1万1102円。パソコンショップアークやドスパラ パーツ館、パソコン工房秋葉原BUYMORE店、ツクモパソコン本店、ツクモDOS/Vパソコン館、TSUKUMO eX.で販売中だ。

【関連サイト】

【取材協力】



カテゴリートップへ







コメントを残す