ASUS、19基のPCIeスロットを備えるマイニング用ATXマザーボード

Home » パソコン » ASUS、19基のPCIeスロットを備えるマイニング用ATXマザーボード
パソコン, マイナビニュース コメントはまだありません



ASUS JAPANは12月7日、マイニングモードデザインのIntel LGA-1151 ATXマザーボード「B250 MINING EXPERT」を発表した。12月8日に発売する。価格はオープン。店頭予想価格は税込17,000円前後。

  • ASUS

    B250 MINING EXPERT

マイニング用に、PCI Express (3.0)x16×1基と、PCI Express (3.0)x1×18基を備えるATXマザーボード。GPUを並列動作させ、最大限のメガハッシュレートを発揮する。

電源はPCI Expressスロットを3つのゾーンに分け、「Triple-ATX12V」から供給。専用の24ピンATX12V電源コネクタを使うことで、すべての拡張スロットに十分な電力が供給される。また、19個のデカップリングコンデンサを組み込むことで電圧を平滑化。高周波ノイズを減らし、安定した動作を引き出す。

接続したすべてのグラフィックスカードのステータスを表示するスマート機能も組み込まれているほか、デフォルトで最大限のマイニング性能が得られる「マイニングモード」を実装。BIOSを最適化する手間を省いている。




  • B250 MINING EXPERT

    インタフェース

■主な仕様
ソケット Socket LGA1151
チップセット Intel B250
メモリ DDR4-2400×2(最大32GB)
拡張スロット PCI Express (3.0)x16×1、PCI Express (3.0)x1×18
ストレージ SATA 6Gbps×4
ネットワーク 1000BASE-T×1
フォームファクタ ATX
そのほか USB 3.1 Gen1×6、USB 2.0×4、HDMI×1など
発売日 12月8日
店頭予想価格 税込17,000円前後



コメントを残す