ベンキュー、ハードウェアキャリブレーション対応の27型4K HDR液晶

Home » パソコン » ベンキュー、ハードウェアキャリブレーション対応の27型4K HDR液晶
パソコン, マイナビニュース コメントはまだありません



ベンキュージャパンは12月7日、ハードウェアキャリブレーションに対応する27型4K液晶ディスプレイ「SW271」を発表した。12月10日より発売する。価格はオープンで、店頭予想価格は税別180,000円前後。

  • ベンキュー

    SW271

フォトグラファー向けに、ハードウェアキャリブレーションに対応した27型4K液晶ディスプレイ。解像度は3,840×2,160ドット(4K)で、10bitのIPS液晶パネルを採用。独自技術「AQCOLOR技術」により、正確な色再現性 / キャリブレーション / 認証カラーのコンビネーションなどを実現する。

色域は、Adobe RGBカバー率99%、sRGBカバー率100%を達成。青と緑の色調の再現能力が向上し、屋外や自然の画像が本物により近い色彩で描写できる。黒から白までのダイナミックレンジ全体を広げるHDRにも対応。目にする色に限りなく近い画像が描写可能となっている。

無料配布するキャリブレーションソフト「Palette Master Element」を使用することで、ハードウェアキャリブレーションを実行可能。本格的なカラーマネジメントをサポートする。

USB Type-C接続での使用もサポートし、アップストリームポートとして、USB Type-C×1基、USB Type-B×1基を装備。ダウンストリームポートはUSB 3.1×2基を装備する。

このほか、写真をモノクロフィルムのように描写する「モノクロモード」、異なる色空間のコンテンツを横に並べて同時に表示する「GamutDuo機能」、ちらつきのないフリッカーフリーバックライトなどを採用。縦 / 横どちらでも使用できる遮光フードが付属する。

主な仕様は、視野角が上下 / 左右ともに178度、輝度が350cd/平方メートル、コントラスト比が1,000:1(DCR時20,000,000:1)、応答速度が12ms(GTG5ms)など。映像入力インタフェースはHDMI 2.0×1、DisplayPort 1.4×1、USB Type-C×1。スタンドのチルト角度は-5~15度。本体サイズはW504.49~610.95×D213.43×H613.8mm、重量は約9.3kg。




  • SW271



コメントを残す