鈴木博、ラクラク体調管理 社会人経験生かしPCでアプリ駆使 – 中日スポーツ

Home » パソコン » 鈴木博、ラクラク体調管理 社会人経験生かしPCでアプリ駆使 – 中日スポーツ
パソコン コメントはまだありません



気迫のこもった表情で守備練習をする鈴木博=中日ドラゴンズ屋内練習場で(小沢徹撮影)

写真

 中日のドラフト1位・鈴木博志投手(20)=ヤマハ=が12日、社会人時代に培ったIT力を駆使し、プロで生き抜くための一助としていることを明かした。パソコンに体重などを入力し、可視化することでモチベーションを上げることが狙いだ。

 3年間の経験を、最大限に生かす。ヤマハ時代は、社業でデスクワークを中心に資料作成などを担当。ブラインドタッチやエクセルなどの操作が朝飯前のルーキーは「紙で字を読むより、パソコンに打ち込んでグラフとかにした方が理解しやすいし、やる気も出ますね」と話した。

この記事を印刷する






コメントを残す