GIGABYTEからもRadeon RX VEGA 56/64搭載VGA! ただし入荷数は少量

Home » 媒体 » ASCII.jp » GIGABYTEからもRadeon RX VEGA 56/64搭載VGA! ただし入荷数は少量
ASCII.jp, パソコン, 自作PC コメントはまだありません



GIGABYTE「Radeon RX VEGA 56 GAMING OC 8G」、「Radeon RX VEGA 64 GAMING OC 8G」

2018年01月13日 23時34分更新

文● 山県 編集●北村/ASCII.jp

 GIGABYTEから、オリジナルVGAクーラーを採用したRadeon RX VEGA 56/64搭載ビデオカード「Radeon RX VEGA 56 GAMING OC 8G」(型番:GV-RXVEGA56GAMING OC-8GD)と「Radeon RX VEGA 64 GAMING OC 8G」(型番:GV-RXVEGA64GAMING OC-8GD)が発売された。



オリジナルVGAクーラーを採用したRadeon RX VEGA 56/64搭載ビデオカード「Radeon RX VEGA 56 GAMING OC 8G」と「Radeon RX VEGA 64 GAMING OC 8G」

 どちらのモデルもセミファンレス動作のデュアル100mmファン仕様VGAクーラー「WINDFORCE 2X」を採用するのが特徴。ダイレクトタッチGPU方式の純銅の複合ヒートパイプや、角度のついたアングルフィン設計などを採用。カード裏面には、銅製パックプレートを備えている。

「WINDFORCE 2X」はデュアルファンながら3スロット占有と厚みのあるタイプ

 主なスペックは、「Radeon RX VEGA 56 GAMING OC 8G」がコアクロック1170MHz、ブーストクロック1501MHz。「Radeon RX VEGA 64 GAMING OC 8G」がコアクロック1276Hz、ブーストクロック1560MHzのオーバークロック仕様。

 その他共通で、ビデオメモリーはHBM2 8GB、補助電源コネクターは8ピン×2、カード長は273.8mm。出力インターフェースはHDMI2.0b×3、DisplayPort1.4×3で最大6画面出力に対応するのもポイントだ。



カード裏面に銅製パックプレートを装備。HDMI2.0b×3、DisplayPort1.4×3で最大6画面出力に対応するのもウリ

 価格は「Radeon RX VEGA 56 GAMING OC 8G」が8万978円、「Radeon RX VEGA 64 GAMING OC 8G」が9万698円。パソコンショップアークやドスパラ秋葉原本店、ツクモパソコン本店、TSUKUMO eX.で入荷を確認しているが、入荷数は少なくすでに完売のショップもある。

【関連サイト】

【取材協力】



カテゴリートップへ






コメントを残す