上海問屋、キーボードと一体になったエアマウス

Home » パソコン » 上海問屋、キーボードと一体になったエアマウス
パソコン, マイナビニュース コメントはまだありません



サードウェーブが運営する上海問屋は2月15日、キーボードとエアマウスが一体になった「DN-915082」を発売した。価格は3,499円(税込)。

DN-915082の裏面は、付属のドングルレシーバーを挿したPCとWi-Fiで接続することで、離れていてもPCを遠隔操作できる無線キーボード。表面はリモコン状のエアマウスとなっており、離れたところから画面内のカーソルが動かせるほか、動画の再生・停止や音量の調整などが可能だ。

キーボードは英語40キー。電源は、別売の単四形乾電池×2。本体サイズはW56×H189×D22mm、重量は約113g。対応OSはWindows 7 / 8 / 8.1 / 10、Mac OS(Mac OS 10.7.5のみサードウェーブが確認済み)、Android OS(Android OS 5.0のみサードウェーブが確認済み)。動作範囲は約10m。Wi-Fiは2.4GHz帯を利用する。






コメントを残す