未来のデスクトップがやってくる! – MITテクノロジーレビュー (会員登録)

Home » パソコン » デスクトップ » 未来のデスクトップがやってくる! – MITテクノロジーレビュー (会員登録)
デスクトップ, パソコン コメントはまだありません



私の仕事机の上には恥ずかしいほどたくさんの付箋が貼りつけられている。おまけに、Webブラウザーではいつもたくさんのタブを開いているし、デスクトップではいくつものアプリケーションが起動したままになっている。拡張現実を扱うスタートアップ企業メタ(Meta)は、そう遠くない未来にこれらすべてを空中で管理できるようになることを目指している。

メタの新しいソフトウェア「ワークスペース」は、アイコンの並んだ棚を使ってデスクトップを表現している。アプリケーションを開くには、自分の手を使って棚からそのアプリケーションを引っ張り出すことになっている。5月末に発表されたワークスペースは、949ドルのヘッドセット「メタ2」を使って操作するものだ。メタ2は現在、早期開発者の元へ届けられているところで、2017年夏には一般向けに販売される予定だ。

ワークスペースは、たくさんのバーチャルディスプレイを一度に使えることを目指して作られている。各ディスプレイを手で伸縮させてサイズを変えたり、思いのままに動かしたりできるようにするのだ。同様のことはバーチャルWebブラウザーでもできて、Webページを指でフリックしてスクロールすることもできる。

「ワークスペース」はスマホでも操作できる。メタが開発したアプリでは、手書きのメモをスマホから取り出して、目の前の空中の好きなところに貼り付けられる。メモだけでなく、写真や動画もOK。本物の机をバーチャルな備忘メモやかわいい赤ちゃ




こちらは会員限定の記事です。
無料登録すると1カ月10本までご利用いただけます。
こちらは有料会員限定の記事です。
有料会員になると制限なしにご利用いただけます。



コメントを残す