デル、自社初のVR対応17.3型モバイルワークステーション

Home » パソコン » デル、自社初のVR対応17.3型モバイルワークステーション
パソコン コメントはまだありません



デルは21日、同社初のVR対応モバイルワークステーション「Dell Precision 17 7000シリーズ 7720」(Precision 7720)および、15インチのモバイルワークステーション「Dell Precision 15 7000シリーズ 7520」(Precision 7520)を発表した。同日販売開始し、税別の直販価格はPrecision 7720が239,980円から、Precision 7520が29,980円から。

Precision 7720

Precision 7720

「Dell Precision 7720」は、第7世代Intel CoreやXeonプロセッサ、NVIDIA QuadroまたはAMDのRadeon Proなどを搭載した、性能重視の17型ワークステーション。きょう体はカーボンファイバ一体成型のアルミ素材で、携帯性と堅牢性を兼ね備えるという。

ベースモデルの主な仕様は、CPUがIntel Core i5-7300HQ(2.50GHz)、メモリが8GB、ストレージが500GB SATA HDD、グラフィックスがNVIDIA Quadro M1200 4GB、ディスプレイが17.3型ワイド(1,920×1,080ドット)、OSがWindows 10 Proなど。

インタフェースはThunderbolt 3×1、USB 3.0×4、HDMI、SDカードリーダーなど。通信インタフェースはIEEE802.11ac準拠の無線LAN、Bluetooth 4.0。本体サイズはW417.04×D281.44×H4.49mm、重量が3.42kg。

このほか、CPUにIntel Core i7-7820HQを採用したモデルや、Intel Xeon E3-1505M v6とQuadro P3000を採用したモデルもラインナップする。

天板

側面

Dell Precision 7520

「Dell Precision 7520」は15.6型ディスプレイを搭載したワークステーション。ベースモデルの主な仕様は、上記のPrecision 7720とほぼ同じだが、ディスプレイが15.6型ワイド(1,920×1,080ドット)となる。インタフェース類はPrecision 7720と同等。本体サイズはW378×D27.76×H33mm、最小重量が約2.8kg。

このほか、CPUにIntel Core i7-7820HQを採用したモデルや、Intel Xeon E3-1505M v6と1TB HDDを採用したモデルもラインナップする。






コメントを残す