ASRock、オーバークロック特化のX299マザーボード「X299 OC Formula」

Home » パソコン » ASRock、オーバークロック特化のX299マザーボード「X299 OC Formula」
パソコン, マイナビニュース コメントはまだありません



マスタードシードは9月15日、ASRock製マザーボードとして、Intel X299チップセットを搭載したオーバークロック向けモデル「X299 OC Formula」の取り扱い開始を発表した。9月29日に発売し、店頭予想価格は税別53,500円前後。

世界的オーバークロッカーであるNick Shih氏が設計に携わったオーバークロック特化のマザーボード。13フェーズの電源回路に加えて、各フェーズで最適化されたDr.MOS、広範囲にコントロール可能なクロックジェネレーター「Hyper BCLK Engine III」を搭載するほか、大型のアルミヒートシンクやヒートパイプによって、MOSFETの熱を効率的に冷却するという。




ソケット LGA 2066
チップセット Intel X299
メモリ DDR4 4600+(OC)MHz×4(最大64GB)
拡張スロット PCI Express 3.0 x16×5、PCI Express 3.0 x4×1、PCI Express 2.0 x1×1
マルチGPU AMD Quad CrossFireX、NVIDIA Quad SLI
ストレージ SATA 6Gb/s×6、M.2(PCIe 3.0×4接続対応)×1
対応RAID 0/1/5/10
ネットワーク GigabitEthernet×2(Intel I219V、Intel I211AT)
サウンド High Definition Audio(Realtek ALC1220)
フォームファクタ ATX
そのほか USB 3.1×3(Type-A×1、Type-C×1、フロント)、USB 3.0×6(うち2基はピンヘッダ)、USB 2.0×6(うち4基はピンヘッダ)、オーディオジャック×1など
店頭予想価格 税別53,500円前後



コメントを残す