【鉄板&旬パーツ】M.2 SSDはSATAもある! WD最新の「WD Blue 3D NAND SATA SSD」を試す

Home » 媒体 » ASCII.jp » 【鉄板&旬パーツ】M.2 SSDはSATAもある! WD最新の「WD Blue 3D NAND SATA SSD」を試す
ASCII.jp, パソコン, 自作PC コメントはまだありません



鉄板&今が旬なパーツを性能検証!!
第15回

2017年09月17日 12時00分更新

文● 藤田 忠 編集●北村/ASCII編集部

NVMe M.2の鉄板は速度も温度も文句なしの
Samsung「960 EVO」

 AMD、インテルの最新プラットフォームに対応したマザーボードは、標準で冷却機構を備えていたり、2基のM.2 SSDを搭載できたりと、M.2 SSDの使い勝手が向上。

 M.2 SSDの代名詞と言える爆速なNVMeタイプも、250GBで1万3000円前後という手ごろな価格のIntel「600p」シリーズなど、選択肢が増加。導入の敷居が下がり、ショップの売れ行きは絶好調になっている。


続々とラインアップが増えているNVMe M.2 SSD

 そんなNVMe M.2 SSDの鉄板と言えるのが、Samsung「960 EVO」シリーズになる。価格は250GBで1万7000円前後、500GBで3万2000円前後と、決して安価ではないが、Samsung NVMe SSDの下位モデルながら、シーケンシャルリード3200MB/sec、同ライトが1TBモデル 1900MB/sec、500GBモデル 1800MB/sec、250GBモデル 1500MB/secという圧倒的なパフォーマンスを発揮。そのうえ、発熱も抑えられているとのことで、オススメとして多くのPCパーツショップスタッフから、その名が出てくる。

 実際、PC自作の一式構成の相談や、組み立ての代行をしているTSUKUMO eX. 6階のスタッフたちにNVMe対応のオススメM.2 SSDを聞いた際は、ちょうど集っていた5人のスタッフが声をそろえて、Samsung「960 EVO」を挙げたほどだ。


250GBモデルでも、シーケンシャルリード3200MB/sec、同ライト1500MB/secの高パフォーマンスを発揮する「960 EVO」


「960 EVO」の500GBモデル「MZ-V6E500B/IT」のベンチ結果

M.2 SSDにはSATAタイプもある!

 予算が許すなら、NVMeタイプの「SSD 960 EVO」でキマリだが、SATAタイプのM.2も意外と需要がある。発売当初のSATA M.2 SSDは、2.5インチSSDと同じパフォーマンスで、より高価と割が合わなかったが、最近は2.5インチとM.2モデルの価格差は縮まってきている。

 秋葉原のパーツショップ店頭には毎週末、2.5インチSSDの特価品が並ぶため、コストパフォーマンス面は、相変わらず2.5インチモデルが優秀だが、ケーブルレスで使える点や、NVMeタイプでは廃熱が厳しい基板裏面にM.2スロットを備えるMini-ITXマザーボードに安心して搭載できる点などから、SATA M.2 SSDを選ぶ人が増えているという。



Crucial「MX300」など、同じシリーズの2.5インチとM.2モデルは、ほぼ同価格(9月5日調べ)になっている

64層TLC 3D NAND採用の最新モデル

 今回は、そんなSATA M.2 SSDの最新モデルで、東芝メモリーとSanDisk製の64層TLC 3D NANDを採用したWestern Digital「WD Blue 3D NAND SATA SSD」に注目。久々に、SATA SSDのパフォーマンスをチェックしてみることにした。

 「WD Blue 3D NAND SATA SSD」シリーズは2.5インチとM.2タイプがあり、ともに64層3D NANDを採用している。容量は250GB、500GB、1TB、2TBの4種類を用意。公称パフォーマンスは最大シーケンシャルリード560MB/sec、同ライト530MB/sec。最大ランダムリード9万5000 IOPS、同ライト8万4000 IOPSとなっている。



COMPUTEX TAIPEI 2017にあわせて発表されたWestern Digital「WD Blue 3D NAND SATA SSD」シリーズ 「WD Blue 3D NAND SATA SSD」に加えて、SanDiskブランドの「SanDisk Ultra 3D SSD」シリーズも登場予定だ
製造プロセス 2TB 1TB 500GB 250GB
インターフェース SATA3(6Gbps) 2.5インチ/M.2 2280
シーケンシャルリード 560MB/sec 550MB/sec
シーケンシャルライト 530MB/sec 525MB/sec
インターフェース 9万5000 IOPS
ランダムライト 8万4000 IOPS 8万1000 IOPS
総書き込み容量 500TBW 400TBW 200TBW 100TBW
保証期間 3年間限定保証
実売価格 約7万8600円 約3万9800円 約2万1000円 約1万2400円


Western Digital「WD Blue 3D NAND SATA SSD」のM.2 2280 1TBモデル「WDS100T2B0B」でテストを実施


コントローラーは非公開だが、ラベルを剥がすとMarvell「88SS1074」だった。なお、コントローラーには、Western Digitalのチューニングが施されているとのこと


SanDiskの刻印が入った64層3D NANDフラッシュ



「CrystalDiskInfo」(左)と「WD SSD Dashboard」(右)。アイドル時の温度は36度前後になっていた








この特集の記事



コメントを残す