Windows 10ミニTips 第215回 OneDriveフォルダー以外のファイル&フォルダーも同期する

Home » パソコン » Windows 10ミニTips 第215回 OneDriveフォルダー以外のファイル&フォルダーも同期する
パソコン, マイナビニュース コメントはまだありません



「Windows 10ミニTips」は各回の作成時点で最新のWindows 10環境を使用しています。

OneDriveフォルダー内にシンボリックリンクを作成する

OneDriveは通常、「%USERPROFILE%\OneDrive」を同期用フォルダーとして使用する。必要に応じて、別ドライブの異なるフォルダーを選択することも可能だ。これをOneDriveフォルダーと呼ぶ。

OneDriveの設定ダイアログに並ぶ「アカウント」タブの「フォルダーの選択」ボタンをクリック/タップすると、使用するフォルダーを選択できる

複数のPC、タブレット、スマートフォンで、OneDriveの同期機能を便利に使っているユーザーは多いと思うが、当然ながら、同期対象はOneDriveフォルダー内のファイルに限られる。

一時的に、特定のフォルダーを同期対象に加えたいケースもあるだろう。そのフォルダーをOneDriveフォルダーに移動すれば済む話だが、「あくまで一時的な同期で当該フォルダーの場所は変えたくない」など、当該フォルダーを移動したくない場合は意外と困る。こんなときは、シンボリックリンクを利用するとよい。

「Win」+「R」キーを押して「ファイル名を指定して実行」を起動し、テキストボックスに「cmd」と入力して、「OK」ボタンをクリック/タップ

「mklink /J “%USERPROFILE%\OneDrive\Sample” “E:\Sample”」(パスは環境に合わせて書き換える)と入力して「Enter」キーを押す

上記の例では「Eドライブ上の『Sample』フォルダーを、標準のOneDriveフォルダー下に作成」している。厳密にはディレクトリジャンクションだが、このあたりはひとまず気にしなくて構わない。ちなみに、OneDriveフォルダーをDドライブ直下に移動している場合は、「mklink /J “D:\OneDrive\Sample” “E:\Sample”」と実行する。

Eドライブ上のSampleフォルダーがOneDriveフォルダー内に加わった

プロパティダイアログを確認すると、シンボリックリンクのためオーバーレイアイコンが付与する

今回の方法で追加したフォルダーを同期対象から外す場合は、「OneDriveフォルダー側のフォルダーを削除」すればよい。今回のケースであれば、「E:\Sample」フォルダーはそのまま残る。

こちらはOneDrive.comの内容。同期も正しく行われる

阿久津良和(Cactus)






コメントを残す