「リカちゃん」発売50年 かつての子どもたちは… – NHK

Home » ホビーブランド » タカラトミー » 「リカちゃん」発売50年 かつての子どもたちは… – NHK
タカラトミー, ホビーブランド コメントはまだありません



着せ替え人形の「リカちゃん」が発売されて、ことしで50年になります。これを記念して、今は大人になった女性たちが「リカちゃん」との思い出を語り合うパーティーが千葉県・浦安市で開かれました。

「リカちゃん」は50年前の1967年(昭和42年)に発売された着せ替え人形で、これまでに合わせて6000万体以上が販売されています。

人形を販売しているおもちゃメーカーが50周年を記念して開いたパーティーには、およそ950人が参加しました。パーティーの募集が行われたのは今から25年前で、17日に集まったのは、そのころ「リカちゃん」と遊び、今は大人になった女性や家族の人たちです。

パーティーではさまざまなイベントが行われ、参加者全員で「ありがとう」と声をそろえてリカちゃんに感謝の気持ちを伝えました。

会場には1975年(昭和50年)に発売された「ミニスカート」のリカちゃん人形や1995年(平成7年)に発売された「ルーズソックス」姿のものなど、およそ50体が展示され、参加した人たちが一緒に写真を撮ったり、親子で思い出を語り合ったりしていました。

参加した家族連れは「25年前に子どもが生まれた記念にリカちゃんを購入しました。時間がたつのはあっという間で、こんな日が来るなんて思ってもみませんでした」と話していました。

タカラトミーの「リカちゃん企画部」栗原※しょう太部長は「親子、孫まで3世代にわたって愛されているので、これからも女の子たちの憧れを少し先取りして実現する形で商品開発を進めていきたい」と話していました。

※「しょう」は「示」に「羊」。






コメントを残す