Xbox、PC、MR Win10でゲーム環境広げるマイクロソフト – 日経トレンディネット

Home » ホビー » ゲーム » Xbox、PC、MR Win10でゲーム環境広げるマイクロソフト – 日経トレンディネット
ゲーム, ホビーブランド, マイクロソフト X-BOX コメントはまだありません



マイクロソフトの新世代ゲーム機「Xbox One」が日本国内で発売されたのが2014年9月4日。そこから2年、同社は新たな施策を急ピッチで、次々と繰り出している。長らく日本市場では苦戦を強いられてきたXboxだが、ブレイクスルーの“種”となる成果も見え始めた。

(文/吉岡広統 写真/中村嘉昭)

 マイクロソフトは昨年11月24日、4K映像のストリーミングやUltra HD Blu-Rayディスクが再生できる新ゲーム機「Xbox One S」を発売。小型でスタイリッシュなデザインで、Ultra HD Blu-Ray対応機器として4万円を切る破格の値段ということもあったのだろう。店頭で一時入手困難になった。

 今年4月には、XboxのOSとしても使用されているWindows 10のメジャーアップデート「Creators Update」を実施。3Dモデル制作やMR(Mixed Reality、拡張現実)などゲームと隣接する分野の機能を充実させたほか、ゲーム中の画面を手軽にライブ配信できる機能をOSに標準搭載したことで、ゲームプラットフォームとしてのWindows 10の存在感を高めようとしている。今秋には、さらなるアップデート「Fall Creators Update」も実施予定だ。

 また、2017年のホリデーシーズンには、Xboxのハイエンド機となる「Project Scorpio」(プロジェクト・スコーピオ)の発売を控えている。プロジェクト・スコーピオの詳細は、6月13日(現地時間)から米国ロサンゼルスで開催されるE3(Electronic Entertainment Expo)に先立って実施するカンファレンス(現地時間6月11日14時から)で発表するとみられるが、4K映像を使ったゲームタイトルへの対応や高品位なVR(Virtual Reality、仮想現実)機器との連携、MRへのいち早い対応など、最新鋭のゲームプラットフォームへと進化しそうだ。

 今後、Xboxは日本市場でどのように展開していくのか。日本マイクロソフト コンシューマー&パートナー グループ担当の執行役員 常務・高橋美波氏に戦略を聞いた。




高橋美波(たかはし・よしなみ) 日本マイクロソフト 執行役員 常務 コンシューマー & パートナー グループ担当。1987年にソニー入社。ソニー・アメリカ Executive Vice President, Consumer Marketingを経て、2014年に日本マイクロソフト入社。2016年7月より現職。

[画像のクリックで拡大表示]



コメントを残す