「ひるなかの流星」のやまもり三香が、小説「農業男子とマドモアゼル」装画担当

Home » ホビー » 「ひるなかの流星」のやまもり三香が、小説「農業男子とマドモアゼル」装画担当
ホビー, マイナビニュース コメントはまだありません



「農業男子とマドモアゼル イチゴと恋の実らせ方」

「ひるなかの流星」「椿町ロンリープラネット」のやまもり三香が、本日10月13日に発売された天沢林檎による小説「農業男子とマドモアゼル イチゴと恋の実らせ方」の装画を手がけた。

「農業男子とマドモアゼル イチゴと恋の実らせ方」は、都会から来たアラサー女と年下の農業男子をめぐるラブコメ。結婚してくれない彼氏と別れ、仕事をがんばろうと思った矢先に派遣切りにあい、男なし職なしで30歳を迎えてしまった女性・恵里菜が旅行感覚で婚活ツアーに参加したことから物語は始まる。婚活パーティで見つけた好みのイケメンに「農業っていいですよね。スローライフって感じで」と話しかけるも「農業舐めてんの?」「おとなしく都会にいたら?」と睨まれてしまう恵里菜。なぜそんなことを言われなければいけないのかと頭に来た彼女は、彼を見返そうと農業を始めることを決意する。


本記事は「コミックナタリー」から提供を受けております。

著作権は提供各社に帰属します。






コメントを残す