「メガロボクス」絶対王者・勇利役は安元洋貴、細谷佳正&監督登壇の先行上映会も

Home » ホビー » 「メガロボクス」絶対王者・勇利役は安元洋貴、細谷佳正&監督登壇の先行上映会も
ホビー, マイナビニュース コメントはまだありません



アニメ「メガロボクス」PVより。

高森朝雄(梶原一騎)原作、ちばてつや「あしたのジョー」を原案としたオリジナルアニメ「メガロボクス」のキャラクターPV第3弾が公式サイトにて公開。追加キャストも発表された。

このたびのPVは、主人公・ジャンクドッグが運命的に出会うメガロボクスの絶対王者・勇利にスポットを当てて展開。己のすべてをメガロボクスに捧げる孤高のチャンピオン・勇利役は安元洋貴が演じる。安元は「新作、なのに歴史がある。不思議な『重み』を感じています」と述べながら、「何より、ストーリーが最高です。そのストーリーを一人でも多くの方に見ていただきたいと、本当に思います」と思いを語った。

さらに「メガロボクス」第1・2話をひと足先に楽しめる「プレミア試写会」が、3月28日に開催されることも決定。先行上映に加え、ジャンクドッグ役の細谷佳正、森山洋監督のトークも楽しめる。公式サイトでは「プレミア試写会」の観覧希望者を募集。気になる人は公式サイトにて確認を。

「あしたのジョー」の50周年を記念して制作される「メガロボクス」は、薄暗い地下のリングを舞台に、八百長試合に身を沈める主人公・ジャンクドッグの運命を描く物語。アニメは4月よりTBS、BS-TBSにて放送される。

安元洋貴(勇利役)コメント

新作、なのに歴史がある。
不思議な「重み」を感じています。

勇利はとても深いです。
その深さを必死に表現していけたらな、と思います。

そして何より、ストーリーが最高です。
そのストーリーを一人でも多くの方に見ていただきたいと、
本当に思います。

テレビアニメ「メガロボクス」

2018年4月よりTBS、BS-TBSにて放送開始

スタッフ

原案:「あしたのジョー」(原作:高森朝雄、ちばてつや/講談社刊)
監督・コンセプトデザイン:森山洋
シリーズ構成・脚本:真辺克彦、小嶋健作
音楽:mabanua
アニメーション制作:トムス・エンタテインメント
製作:メガロボクスプロジェクト

キャスト

ジャンクドッグ:細谷佳正 
南部贋作:斎藤志郎
勇利:安元洋貴
白都ゆき子:森なな子
サチオ:村瀬迪与
藤巻:木下浩之
ほか

(c)高森朝雄・ちばてつや/講談社/メガロボクスプロジェクト

本記事は「コミックナタリー」から提供を受けております。著作権は提供各社に帰属します。






コメントを残す