ヤマシタトモコ新連載、女と少女による年の差同居物語がフィーヤンで開幕

Home » ホビー » ヤマシタトモコ新連載、女と少女による年の差同居物語がフィーヤンで開幕
ホビー, マイナビニュース コメントはまだありません



ヤマシタトモコ「違国日記」

ヤマシタトモコの新連載「違国日記」が、本日6月8日に発売されたフィール・ヤング7月号(祥伝社)にてスタートした。

「違国日記」は女と少女による年の差同居物語。高校3年生の朝は、仕事が多忙な槙生のため日々せっせと料理を作っている。一緒に暮らすことで天涯孤独の運命を救ってもらった朝と、健康になったと感謝する槙生。料理を作る描写とともに、女2人の生活が綴られていく。

また今号では、藤緒あいが超ポジティブ思考なヒロインを描く「麗しのサブリナさん」が開幕。OLとして働くサブリナこと佐舞沢理奈は自分に自信たっぷりで、周囲からのブスという評価はまったく耳に入らない。そんななか、ある日サブリナは営業部のイケメン・王子と出会い……。ブス嫌いな王子と、彼は自分のことを好きだと勘違いする強引なサブリナのやりとりが描かれる。

なお7月7日発売の次号では、安野モヨコ「ハッピー・マニア」の新作が登場。そのほかジョージ朝倉「夫婦サファリ」の番外編や、「亭主元気でマゾがいい!」で知られる六反りょうの新連載「女王リターンズ!~ボンデージをもう一度!~」が掲載される。さらにいくえみ綾「あなたのことはそれほど」は最終回を迎えるので、注目しておこう。


本記事は「コミックナタリー」から提供を受けております。

著作権は提供各社に帰属します。






コメントを残す