[水瀬いのり]実写「ここさけ」で「いい感じにイモっぽく」 「ああいう女子高生いるよね!」

Home » ホビー » [水瀬いのり]実写「ここさけ」で「いい感じにイモっぽく」 「ああいう女子高生いるよね!」
ホビー, マイナビニュース コメントはまだありません



劇場版アニメ「心が叫びたがってるんだ。」の実写映画版の上映会に登場した水瀬いのりさん

 声優の水瀬いのりさんが15日、秩父宮記念市民会館(埼玉県秩父市)で行われた劇場版アニメ「心が叫びたがってるんだ。」(ここさけ)の実写映画版(熊澤尚人監督、22日公開)の上映会に登場した。アニメでヒロイン・成瀬順の声優を務め、実写映画版にも女子高生役で出演する水瀬さんは「完成した作品を見て、『ああいう女子高生いるよね!』と思いました。ナチュラルメークなので、いい感じにイモっぽく、親しみやすい感じで、カメレオン化していました。どこに出ていたか分からない方がいらっしゃったら、それは私がうまかったということかな?」と話した。

 また、実写映画版の撮影を「4人のキャストの方を目の前で見たとき、とても不思議な気持ちになりました。目の前に、芳根(京子)さんの順ちゃんがいて。一緒のシーンに出演された方が気さくに話しかけてくれて、うれしかったです。皆さんに紹介いただくまで、『自分は誰だと思われているんだろう?』と不安でしたが、紹介いただくと、皆さんから『あー!!』と言っていただき、アニメをご覧いただいた方たちがたくさんの質問をしてくださり、とても心に残っています」と振り返った。

 上映会は同作の舞台である秩父市で行われ、アニメと実写映画を手がけた清水博之プロデューサーも登場した。

 「ここさけ」は、人気アニメ「あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。」のスタッフが手がけたことで話題になった劇場版アニメで、2015年9月に公開。トラウマを抱え、目立たないように生きてきた成瀬順、コミュニケーションが苦手で本音を言えない坂上拓実が、高校の地域ふれあい交流会の実行委員に任命され、ミュージカルに挑戦することになり、仲間と出会うことで変わっていく……というストーリー。実写映画版は、人気グループ「Sexy Zone」の中島健人さんが拓実役で主演を務める。


本記事は「まんたんWEB」から提供を受けております。

著作権は提供各社に帰属します。






コメントを残す