[本郷奏多]ポケモン「一番長い間好きな作品」 ゲームからサバゲーまで多趣味

Home » ホビー » [本郷奏多]ポケモン「一番長い間好きな作品」 ゲームからサバゲーまで多趣味
ホビー, マイナビニュース コメントはまだありません



「ポケットモンスター」への思いを語る本郷奏多さん

 アニメ「ポケットモンスター」シリーズの20周年記念となる劇場版アニメ「劇場版ポケットモンスター キミにきめた!」(湯山邦彦監督)に、主人公・サトシと冒険する少年・ソウジ役の声優を担当した俳優の本郷奏多さん。原作ゲームのシリーズ初代となる「ポケットモンスター 赤」をプレーし、スマートフォン用ゲーム「ポケモンGO」もレベル35プレーヤーという「ポケモン」好きの本郷さんに話を聞いた。

 ◇「ポケモンGO」プレーも気付かれず

 ――ポケモンとの出合いは。

 最初はゲームボーイの「ポケットモンスター 赤」ですね。小学生1年のとき、兄が「ポケットモンスター 緑」をやっていたので、親におねだりをして、買ってもらった記憶があります。小さいころから父が(80年代に人気だった任天堂のテレビゲーム機)「ファミコン」をやっていて、ゲームが身近にありましたね。物心がついて遊んだゲームで覚えているのは、「スーパーファミコン」の「星のカービィ スーパーデラックス」ですね。

 ――最も熱心に遊んだポケモンは。

 中学生のころに出たゲームボーイアドバンスの「ポケットモンスター ファイアレッド」は、すごく遊びました。「ポケットモンスター 赤」のリメークで、無線アダプターで通信できたのを覚えています。授業中にこっそり対戦して、何度か先生に取り上げられた覚えがありますね。

 ――他のシリーズもプレーしていますか。

 「ポケモン」に関しては、シリーズ全部ではないにしても、ほぼプレーしています。「ルビー・サファイア」「ダイヤモンド・パール」「ブラック・ホワイト」「X・Y」、もちろん「サン・ムーン」もやりました。任天堂のゲーム機「ニンテンドースイッチ」も、ポケモンの新作が出るので買いましたよ。ちなみに好きなポケモンは「イーブイ」ですが、今度からは(劇場版アニメでコンビを組んだ)「ルカリオ」にしようと思います。

 ――「ポケモンGO」も遊んでいる?

 やりましたね。あまりの人気に人が集まりすぎて問題になった(同種類のポケモンがたくさん出現する)「巣」があった時代に、帽子をかぶり腰からモバイルバッテリーを提げて、ポケモントレーナーのような姿で、世田谷公園へ行きました。誰もがポケモンに夢中で、(プレーする僕に)気付かれませんでしたよ。ミニリュウを集めてカイリュウを作りましたね。レベルは35でしょうか。

 ――他のゲームも好き?

 アクションゲームが好きで、スライディングやチャージショットがない時代の「ロックマン」が好きですね。「ドラゴンクエスト」もオンラインゲームの「10」を「かなた」という名前でプレーしました。「10」はプレー時間が表示されないので、どのくらい遊んだのか見当もつきませんが……。

 ―-―他にも趣味がある?

 趣味が多いので、50種類ぐらいでしょうか。今だとサバイバルゲームですね。学生のころの友達ら30~40人で貸し切ってやっています。他だとマージャンで、プロと打ったりしますよ。後は苦手な絵を描けるようになりたいですね。弱点をつぶす作業が好きなんです。

◇ポケモン声優「何が何でもやりたい」

――ポケモンの声優オファーを知ったのは。

 マネジャーさんから「ポケモンの声優に興味あります?」と聞かれたので「え? ポケモン大好きですよ」と答え、同時に「何が何でもやりたい」と思いました。オファーが来た時は、悪役かなと思っていたので、サトシと一緒に冒険できるのがうれしかったですね。

――ソウジ役を演じて面白かったことは。

 ポケモンに指示を出すときは気持ちよかったですね。今までは、ゲーム(という仮想)の世界で「コマンド」からボタンでポチポチやっていたわけですから。

 ――逆に大変だったことは。

 最初は、敵から技を受けた時に、ダメージを100%受けたような芝居をしていたんですが、監督から「やられても気持ちは前を向いていてくれ」と言われましたね。つまり敵からダメージは受けたけれど、ここから反撃に行くぜというメンタルでないといけないわけです。ポケモントレーナーは、自分が一番強いと思っていて、敵に負けるわけがないと思っているから、勝負をあきらめているようなリアクションはいけないと。今回の劇場版アニメでも、(強いポケモンの)エンテイに勝てるわけがないのに、皆がエンテイを「ゲットしてやる」という対応をしていますよね。みんな自分が一番強く、更に強くなりたいと思っているわけです。

 ――俳優だけでなく、声優としても活躍しています。

 役者の仕事は中学からやっていて、声優を目指したことはないのですが、アニメが好きなのでやってみたい感覚はありました。今でこそ俳優がゲスト声優をすることが増えましたが、10年ぐらい前は俳優が声優やることはあまりなかったので。その時代にアニメ「BTOOOM!」で縁があって声優をさせてもらったことは幸運でしたね。

 ――俳優と声優の違いは。

 映像のお芝居は、声のトーンはもちろん、表情や間などいろいろなものを使って表現できますが、アニメは、表情は出せず、間も指定されるので、表現で介入できる要素が少なく、本当に大変です。俳優と声優は、もう別モノですね。

 ――最新作の見どころは。

 サトシたちが雨宿りをして、ピカチュウがサトシに顔を寄せるシーンですね。あのシーンを見たときは「ピカチュウ、お前はなんて可愛いんだ!」と思いました。今回の劇場版アニメは、ピカチュウが大好きになりますよね。他にも、冒頭でピカチュウがヒモでぐるぐるに巻かれて、サトシに引っ張られてしぶしぶ歩くシーンがあるのですが、同じシーンをテレビアニメで見たのを覚えています。これまでの劇場版アニメシリーズの中でも最高傑作かなと思います。

――本郷さんにとっての「ポケモン」とは。

 一番長い間好きな作品ですね。アニメの声優として出演もさせていただいたし、ポケモンが続く限り好きでいようと思っています。

 ◇

 「劇場版ポケットモンスター キミにきめた!」は、人気ゲーム「ポケットモンスター」が原作の劇場版アニメ最新作。テレビアニメの放送開始20周年を記念した作品で、サトシとピカチュウの出会い、20年前に放送された初回放送のラストで、サトシとピカチュウが伝説のポケモン・ホウオウに「いつか、会いに行こうぜ!」と誓った約束の続きが描かれる。


本記事は「まんたんWEB」から提供を受けております。

著作権は提供各社に帰属します。






コメントを残す