東京にやってきた「白猫」キャラ描く日常ギャグ1巻、発売記念サイン会も

Home » ホビー » 東京にやってきた「白猫」キャラ描く日常ギャグ1巻、発売記念サイン会も
ホビー, マイナビニュース コメントはまだありません



「白猫プロジェクト ひこうじま公園」1巻 (c)2014-2017 COLOPL, Inc. (c)2017 Tsurujirouzamurai Matsudaira

コロプラ原案・監修による松平鶴次郎侍「白猫プロジェクト ひこうじま公園」の単行本1巻が発売された。

Webマンガサイトのコミッククリア(KADOKAWA)にて連載中の同作は、スマートフォン向けに展開されているRPG 「白猫プロジェクト」を原作としたコミカライズ作品。現代の東京に迷い込んだ飛行島の面々が、お揃いのジャージで焼肉屋に出かけたりお祭りに参加したりとゆるい日常を過ごす。天使リンデも1人暮らしの“待ちくたびれ系OL”として登場。アニメイトでは購入特典としてメッセージシートを、ゲーマーズではブロマイドをそれぞれ用意している。

なお7月21日には、「白猫プロジェクト」のコラボカフェが開催されている東京のAREA-Q ANNEXにて、松平のサイン会を実施。参加券は当日会場にて単行本を購入した先着50名に配布される。

「白猫プロジェクト ひこうじま公園1巻 店舗特典

アニメイト:メッセージシート
ゲーマーズ:ブロマイド

松平鶴次郎侍サイン会

日時:2017年7月21日(金)19:00~
会場:AREA-Q ANNEX

(c)2014-2017 COLOPL, Inc. (c)2017 Tsurujirouzamurai Matsudaira


本記事は「コミックナタリー」から提供を受けております。

著作権は提供各社に帰属します。






コメントを残す