実写化で話題の『ジョジョの奇妙な冒険』や大ヒット冒険活劇『HUNTER×HUNTER』が支持 – 「めちゃコミック」週間漫画ランキング少年コミック編

Home » ホビー » 実写化で話題の『ジョジョの奇妙な冒険』や大ヒット冒険活劇『HUNTER×HUNTER』が支持 – 「めちゃコミック」週間漫画ランキング少年コミック編
ホビー コメントはまだありません



今どんな漫画が読まれているのか!? 月間850万人が利用する電子書籍配信サービス「めちゃコミック」で配信されている作品の中から、先週のダウンロード数を集計して上位10作品でランキングを作成。今回は少年コミックランキングをお届けします。果たして1位に輝くのはどの作品になるのか!?

食の探求者「美食屋」たちの心躍る大冒険

10位 『トリコ』(島袋光年/集英社)

『トリコ』(C)島袋光年/集英社

「早く次がよみたい!」「王道系バトル漫画」(レビューより)

山崎賢人主演で映画化も! 独特の世界観で絶大な人気を誇るシリーズの第4弾

9位 『ジョジョの奇妙な冒険 第4部~PART4 ダイヤモンドは砕けない~』(荒木飛呂彦/集英社)

『ジョジョの奇妙な冒険 第4部~PART4 ダイヤモンドは砕けない~』(C)荒木飛呂彦/集英社

「個性的なキャラが非日常(奇妙な冒険)というストーリーを盛り上げています。物語の後半の核心に迫っていくところからのラストスパートはとても見応えがありました。個人的にはジョジョシリーズの中では4部が1番好きです」(レビューより)

前世の才能に目覚めろ! 超人たちの異能が衝突するダークファンタジー

8位 『リィンカーネーションの花弁』(小西幹久/マッグガーデン)

『リィンカーネーションの花弁』(C)小西幹久/マッグガーデン

「有名な偉人からちょっとマイナーな偉人まで出てきて勉強にもなった」(レビューより)

細かい試合描写に共感! 新世代バレーボール漫画の金字塔

7位 『ハイキュー!!』(古舘春一/集英社)

『ハイキュー!!』(C)古舘春一/集英社

「キャラがみんないいやつ!! かっこよくて、たまに泣けて、そして笑い……。もっと早くから出会いたかったマンガです! 主人公の日向くんのバレーが上達していく姿をぜひ読んでほしいです」「人気なのでとりあえずって感じで、正直あまり期待してなかったのですが……、めっっっちゃ面白いです。主人公だけでなくしっかり脇役にもスポットあててたりとか、作者さんの描写がうますぎ」(レビューより)

はったりと要領のよさでサクセス目指す! 伝説の名作ヤンキー漫画

6位 『カメレオン』(加瀬あつし/講談社)

『カメレオン』(C)加瀬あつし/講談社

「主人公矢沢栄作は、基本は持ち前のハッタリと要領良さで、難を退けます。でも本当に凄いのはどんなピンチな場面でも、神懸かり的な強運で乗り切り、最終的には矢沢栄作の都合の良い決着に。でもその過程にある無様な姿は笑えます」(レビューより)

新世代編も絶好調、世界を魅了する和風ファンタジー

5位 『NARUTO―ナルト―』(岸本斉史/集英社)

『NARUTO―ナルト―』(C)岸本斉史/集英社

「笑える 泣ける 神漫画。読めば、『自分も頑張らないと』と思える漫画です」「笑えて泣けて、うっかり一気に読んでしまいました」(レビューより)

地味なアイツは伝説の最強チームの”幻の6人目”、新次元の熱血バスケットボール漫画

4位 『黒子のバスケ』(藤巻忠俊/集英社)

『黒子のバスケ』(C)藤巻忠俊/集英社

「とても面白かったです。バスケはプレーしてるときが一番楽しいので、そこを描いてくれて嬉しかったです」「最終話は感動しちゃいます!!!!!!!!」(レビューより)

憧れのハンターを目指して、魅力的なキャラクターたちが織り成す大冒険ロマン

3位 『HUNTER×HUNTER』(冨樫義博/集英社)

『HUNTER×HUNTER』(C)冨樫義博/集英社

「面白さの次元が違うというか、読んだことない人は本当にもったいないと思います。物語の最初からとんでもなく面白いですが、読み進めるとそれ以上に面白い。適当な娯楽で時間を潰すぐらいなら、『HUNTER×HUNTER』読んでる方が圧倒的に楽しいはず」(レビューより)

“王道少年漫画の傑作”との呼び声も高い、『ドラクエ』オリジナル・ストーリー

2位 『DRAGON QUEST -ダイの大冒険-』(稲田浩司 三条陸 堀井雄二/集英社)

『DRAGON QUEST -ダイの大冒険-』(C)稲田浩司 三条陸 堀井雄二/集英社

「なかなか読みやすいし、何より昔を思い出して懐かしみながら読めるから良い」(レビューより)

50億人対5人! 究極のハーレム漫画はストーリー展開にも注目

1位 『終末のハーレム』(宵野コタロー LINK/集英社)

『終末のハーレム』(C)宵野コタロー LINK/集英社

「人物、背景など一つ一つの絵がとてもキレイで引き込まれます」「少年誌はあまり読まないのですが、設定がとてもおもしろいと思って読みました。男のロマンなんでしょうか(笑)」(レビューより)

明日は少女コミック編をお届けします。






コメントを残す